FC2ブログ

越前松島水族館 11 クラカケエビス クロオビマツカサ セグロマツカサ イットウダイ科の魚たち

越前松島水族館 11

「さんごの海」水槽では、今回も識別に困るイットウダイ科の魚たちに出会うことが出来ました。

クラカケエビス  条鰭綱キンメダイ目イットウダイ科
Sargocentron caudimaculatum
クラカケエビス01 越前松島水族館
体側後半が白っぽくなることが特徴です。
クラカケエビス02 越前松島水族館
似ているトガリエビスよりも背が盛り上がらず、眼の周囲を白線がぐるっと取り囲むように入るので優しい顔立ちに見えます。


クロオビマツカサ  条鰭綱キンメダイ目イットウダイ科
Myripristis kuntee
クロオビマツカサ01 越前松島水族館
アカマツカサに比べて、うろこが細かいクロオビマツカサです。
クロオビマツカサ02 越前松島水族館
名前の通り、えら蓋後方の黒色帯が途切れることなくビシッと入ります。


アカマツカサ  条鰭綱キンメダイ目イットウダイ科
Myripristis berndti
アカマツカサ01 越前松島水族館
下あごが突き出た典型的なアカマツカサの特徴を示す個体です。
アカマツカサ02 越前松島水族館
他個体と色合いが違い薄汚れた感じで、ヨゴレマツカサやナミマツカサであることを疑った個体です。
しかし、控えめながら下あごが突出気味なので、結局、アカマツカサと判定しました。


セグロマツカサ  条鰭綱キンメダイ目イットウダイ科
Myripristis violacea
セグロマツカサ01 越前松島水族館
上から観察できる「さんごの海」水槽で、独特の背中の模様が確認できました。


ウケグチイットウダイ  条鰭綱キンメダイ目イットウダイ科
Neoniphon sammara
ウケグチイットウダイ01 越前松島水族館
名前の通り、下あごが突き出ています。
ウケグチイットウダイ02 越前松島水族館
体側には多数の縦帯が走り、細身の体が強調されます。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ
にほんブログ村

動物園・水族館・植物園ランキング
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Black Rhino

Author:Black Rhino
中学生の頃から、動物園・水族館に通い続ける動物好きのおっさんです。中途半端なホエールウォッチャーでもあり、バードウォッチャーでもあり、一応獣医師でもあり、日本さかな検定1級合格者でもあったりします。20年以上リクガメも飼い続けています。仕事と家庭を顧みながら、細々と趣味の「動物」に時間とお金を注ぎ込んでいます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR