FC2ブログ

旭山動物園 01 昔の記憶 アジアゾウ「アサコ」とマルミミゾウ「ナナ」

旭山動物園 01

行動展示を始める前で、夏休みなのにお客さんが少なかった1992年8月の訪問時の写真を紹介します。
当時は、アジアゾウとマルミミゾウの2種類のゾウやウォンバットを飼育展示していました。

アジアゾウ アサコ  哺乳綱ゾウ目(長鼻目)ゾウ科
Elephas maximus
アジアゾウ アサコ01 旭山動物園
推定1940年生まれで、1968年6月29日に甲府から来園した?メス「アサコ」さんです。
1996年4月2日に亡くなりました。
極寒の旭川で長年生活し、日本の一番北で飼育されているゾウとして有名でした。


マルミミゾウ ナナ  哺乳綱ゾウ目(長鼻目)ゾウ科
Loxodonta cyclotis
マルミミゾウ ナナ01 旭山動物園
推定1977年生まれで、1980年10月17日に来園したメス「ナナ」さんです。
2006年4月21日に推定30歳で亡くなりました。
元々はアフリカゾウとして認識されていたのですが、小柄なこと、蹄の数、耳の特徴から1990年にマルミミゾウと判明しました。


コモンウォンバット(ヒメウォンバット)  
哺乳綱カンガルー目(双前歯目)ウォンバット科
Vombatus ursinus
コモンウォンバット(ヒメウォンバット)01 旭山動物園
当時は、こんなオーストラリアの人気動物も飼育されていました。


ワピチ  哺乳綱ウシ目(偶蹄目)シカ科
Cervus canadensis
ワピチ01 旭山動物園
立派な角を持つ北米の大型のシカです。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ
にほんブログ村

動物園・水族館・植物園ランキング
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Black Rhino

Author:Black Rhino
中学生の頃から、動物園・水族館に通い続ける動物好きのおっさんです。中途半端なホエールウォッチャーでもあり、バードウォッチャーでもあり、一応獣医師でもあり、日本さかな検定1級合格者でもあったりします。20年以上リクガメも飼い続けています。仕事と家庭を顧みながら、細々と趣味の「動物」に時間とお金を注ぎ込んでいます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR