FC2ブログ

越前松島水族館 08 タヌキメバル?とキツネメバル? シロメバルとアカメバルとクロメバル

越前松島水族館 08

修行が足らず識別に苦慮するキツネメバルとタヌキメバルやシロ・アカ・クロの3種のメバル等、越前松島水族館で出会えた6種のメバルの仲間を紹介します。

タヌキメバル?  条鰭綱スズキ目メバル科
Sebastes zonatus
タヌキメバル?01 越前松島水族館
体側にある暗色横帯は明瞭で、小暗色斑点がまばらに入るタヌキメバルっぽい個体です。
タヌキメバル?02 越前松島水族館
尾びれ後縁の白色帯が広くて明瞭なので、タヌキメバルで間違いないかな?と思いました。


キツネメバル?  条鰭綱スズキ目メバル科
Sebastes vulpes
キツメメバル?01 越前松島水族館
体側にある暗色横帯はやや不明瞭で、暗色の斑点が密に入り、尾びれの後縁の白色帯は幅が狭いキツメメバルっぽい個体です。


クロソイ  条鰭綱スズキ目メバル科
Sebastes schlegelii
クロソイ01 越前松島水族館
浅場の海底近くで生活しています。
クロソイ02 越前松島水族館
春に卵ではなく子どもを産む美味な魚です。


シロメバル  条鰭綱スズキ目メバル科
Sebastes cheni
シロメバル01 越前松島水族館
同じ水槽にシロ・アカ・クロ3種のメバルが混在しているようでした。
体色が薄めの褐色で、胸びれ軟条数が17本なので、シロメバルと識別した個体です。


アカメバル  条鰭綱スズキ目メバル科
Sebastes inermis
アカメバル01 越前松島水族館
体色が赤っぽく、胸びれ軟条数は正確に数えられませんが少なめな感じがするので、アカメバルと識別した個体です。


クロメバル  条鰭綱スズキ目メバル科
Sebastes ventricosus
クロメバル01 越前松島水族館
画像では伝わりませんが青味がかった暗色の背中で、各ひれも黒っぽく、胸びれ軟条数が16本なので、クロメバルと識別した個体です。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ
にほんブログ村

動物園・水族館・植物園ランキング
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Black Rhino

Author:Black Rhino
中学生の頃から、動物園・水族館に通い続ける動物好きのおっさんです。中途半端なホエールウォッチャーでもあり、バードウォッチャーでもあり、一応獣医師でもあり、日本さかな検定1級合格者でもあったりします。20年以上リクガメも飼い続けています。仕事と家庭を顧みながら、細々と趣味の「動物」に時間とお金を注ぎ込んでいます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR