FC2ブログ

越前松島水族館 01 コンペイトウ ザラビクニン ヤマトコブシカジカ ドブカスベ 越前を象徴する魚たち

越前松島水族館 01

派手さはありませんが、地元日本海のユニークな魚たちに出会えました。

コンペイトウ  条鰭綱スズキ目ダンゴウオ科
Eumicrotremus asperrimus
コンペイトウ01 越前松島水族館
越前松島水族館では、コンペイトウをはじめとする冷水系の生物を展示する「こんぺいとうハウス」があります。
コンペイトウ02 越前松島水族館
お腹に吸盤を持つ泳ぎの不得意な魚です。
日本海の深海に生息しています。
コンペイトウ03 越前松島水族館
体の表面には、コンペイトウのような三角形のイボイボが沢山あります。
コンペイトウ04 越前松島水族館
巻き貝の中に上手に収まっています。
コンペイトウ05 越前松島水族館
越前松島水族館では、日本で初めてコンペイトウの繁殖に成功し、幼魚も展示されています。


ザラビクニン  条鰭綱スズキ目クサウオ科
Careproctus trachysoma
ザラビクニン01 越前松島水族館
日本海に生息しています。
体の腹面には吸盤があります。
ザラビクニン02 越前松島水族館
体は寒天質でブヨブヨしています。


クサウオ  条鰭綱スズキ目クサウオ科
Liparis tanakai
クサウオ01 越前松島水族館
本州中部以北に生息しています。
画像では確認できませんが、尾びれ基底には顕著な白色斑があります。
クサウオ02 越前松島水族館
ザラビクニンより大型で顔が立派です。


ヤマトコブシカジカ  条鰭綱スズキ目ウラナイカジカ科
Malacocottus gibber
ヤマトコブシカジカ01 越前松島水族館
水深250~1,200mの深海に生息しています。
日本海では、ズワイガニ漁などの底引き網で捕獲されています。


ケムシカジカ  条鰭綱スズキ目ケムシカジカ科
Hemitripterus villosus
ケムシカジカ01 越前松島水族館
鰭膜が深く切れ込んでいる第一背びれが特徴です。
本州中部以北のやや深い岩礁域やその周辺の砂泥域に生息しています。
ケムシカジカ02 越前松島水族館
冬が旬の魚で、北海道では「トウベツカジカ」と呼び珍重されています。


ナガヅカ  条鰭綱スズキ目タウエガジ科
Stichaeus grigorjewi
ナガヅカ01 越前松島水族館
体の上半分は虫喰い状の斑紋でおおわれています。
ナガヅカ02 越前松島水族館
本州中部以北の水深50~150mの砂泥底に生息しています。


ドブカスベ  軟骨魚綱ガンギエイ目ガンギエイ科
Bathyraja smirnovi
ドブカスベ01 越前松島水族館
島根県以北の日本海に生息しています。
ドブカスベ02 越前松島水族館
深海性のエイで主に水深100~1,000mの海底で生活しています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ
にほんブログ村

動物園・水族館・植物園ランキング
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Black Rhino

Author:Black Rhino
中学生の頃から、動物園・水族館に通い続ける動物好きのおっさんです。中途半端なホエールウォッチャーでもあり、バードウォッチャーでもあり、一応獣医師でもあり、日本さかな検定1級合格者でもあったりします。20年以上リクガメも飼い続けています。仕事と家庭を顧みながら、細々と趣味の「動物」に時間とお金を注ぎ込んでいます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR