FC2ブログ

高知県立のいち動物公園 04 偉大なマレーグマ夫婦とビントロング親子

高知県立のいち動物公園 04

6頭の子どもたちを全国の動物園に送り出した偉大なマレーグマ夫婦と子育て中のビントロングを紹介します。

マレーグマ ワンピイ  哺乳綱ネコ目(食肉目)クマ科
Helarctos malayanus
マレーグマ ワンピイ01 高知県立のいち動物公園
1994年生まれで、1歳の時に中国から来園した偉大な父「ワンピイ」さんです。
マレーグマ ワンピイ02 高知県立のいち動物公園
解説付きのお食事タイムで、飼育員さんから大好きなリンゴジュースをスプレーボトルからもらっていました。
マレーグマ ワンピイ03 高知県立のいち動物公園
上あごの口蓋ヒダと下あごの立派な犬歯がよく観察できました。
マレーグマ ワンピイ04 高知県立のいち動物公園
イベント終盤を迎え、ボトルのリンゴジュースが無くなってしまったか確認する「ワンピイ」さんです。
つやつやの短毛で、顔や胸のマークがオレンジ色の妻に優しい個体です。


マレーグマ タオチイ  哺乳綱ネコ目(食肉目)クマ科
Helarctos malayanus
マレーグマ タオチイ01 高知県立のいち動物公園
「ワンピイ」と同じく1994年生まれで、1歳の時に中国から来園した偉大な母「タオチイ」さんです。
マレーグマ タオチイ02 高知県立のいち動物公園
「ワンピイ」よりも低い位置でリンゴジュースをもらう「タオチイ」さんです。
横で旦那の「ワンピイ」さんが、「タオチイ」さんが一通り飲み終わるまで行儀良く待っていました。
マレーグマ タオチイ03 高知県立のいち動物公園
メス個体ということで、オスの「ワンピイ」さんよりも細いですが鋭い歯を持っています。
マレーグマ タオチイ04 高知県立のいち動物公園
「タオチイ」さんは、長くて大きな舌を使ってリンゴジュースを上手に舐めとっていました。
第1子2001年8月21日生まれのオス「サンディ」は甲府市遊亀公園付属動物園へ、第2子2003年4月29日生まれオス「マーズ」は天王寺動物園へ、第3子2005年3月22日生まれのオス「サニー」は福岡市動物園へ、第4子2006年10月2日生まれのメス「ハッピイ」は豊橋総合動植物公園へ、第5子2009年9月25日生まれのオス「シャイン」は愛媛県立とべ動物園へ、第6子2011年8月21日生まれのメス「ハニイ」は鹿児島市平川動物公園へそれぞれ旅立っていきました。


ビントロング  哺乳綱ネコ目(食肉目)ジャコウネコ科
Arctictis binturong
ビントロング01 高知県立のいち動物公園
2009年5月6日フィリピンの動物園生まれの母「ケチャップ」さんと2019年5月31日生まれの三つ子です。
黒っぽいのが母親の「ケチャップ」さんです。
ビントロング02 高知県立のいち動物公園
「マヨ」オス、「ネー」メス、「ズー」オスと名付けらた3頭が、左に移動した母を追いかけます。
ビントロング03 高知県立のいち動物公園
尻尾だけでぶら下がっていた三つ子の1頭です。
ビントロング04 高知県立のいち動物公園
ウーリーモンキーやクモザルのような尻尾使いです。
父の「ソルト」さんは、現在バックヤードで飼育されているとのことでした。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ
にほんブログ村

動物園・水族館・植物園ランキング
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Black Rhino

Author:Black Rhino
中学生の頃から、動物園・水族館に通い続ける動物好きのおっさんです。中途半端なホエールウォッチャーでもあり、バードウォッチャーでもあり、一応獣医師でもあり、日本さかな検定1級合格者でもあったりします。20年以上リクガメも飼い続けています。仕事と家庭を顧みながら、細々と趣味の「動物」に時間とお金を注ぎ込んでいます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR