FC2ブログ

美ら海水族館 07 ツマジロ クロトガリザメ カマストガリザメ ホウライザメ 美ら海の強力メジロザメ軍団

美ら海水族館 07

今回の訪問で、迫力のメジロザメ科のサメ8種に出会うことが出来ました。

ツマジロ  軟骨魚綱メジロザメ目メジロザメ科
Carcharhinus albimarginatus
ツマジロ01 美ら海水族館
名前の通り、各ひれの先端や後縁が白いのが特徴です。
ツマジロ02 美ら海水族館
沖縄本島では稀なサメですが、八重山地方では多く見られるようです。
ツマジロ03 美ら海水族館
今回出会えたメジロザメの仲間では、最も均整のとれた体つきで、美しさと恐さを同時に感じました。
ツマジロ04 美ら海水族館
第2背びれだけは、先が黒くなっています。


クロトガリザメ  軟骨魚綱メジロザメ目メジロザメ科
Carcharhinus falciformis
クロトガリザメ01 美ら海水族館
小さく丸っこい第1背びれが特徴です。
各ひれに目立った斑紋はなく、その先端は第1背びれを除いてやや黒ずんでいます。
クロトガリザメ02 美ら海水族館
メジロザメの仲間の種によって違う吻のラインですが、比較的角張って先端が平らな感じです。
クロトガリザメ03 美ら海水族館
比較的体高が低く、体色はムラなく一様に濃いグレーで、ツルッとした印象です。


カマストガリザメ  軟骨魚綱メジロザメ目メジロザメ科
Carcharhinus limbatus
カマストガリザメ01 美ら海水族館
比較的体高が高く、各ひれの先端が黒いのが特徴です。
カマストガリザメ02 美ら海水族館
体側に明瞭な白い縞模様が入るのが特徴です。
筋肉質っぽい感じがします。
カマストガリザメ03 美ら海水族館
吻のラインが、下から見上げて確認できました。
カマストガリザメは、ラインが角張らず比較的吻の先端が尖った感じがします。


ホウライザメ  軟骨魚綱メジロザメ目メジロザメ科
Carcharhinus sorrah
ホウライザメ01 美ら海水族館
比較的体高が低く体表の凹凸も少ないヌルッとした印象のホウライザメです。
ホウライザメ02 美ら海水族館
第2背びれ、胸びれ、尾びれ下葉先端が黒くなり、カマストガリザメやハナザメに似ています。
ホウライザメ03 美ら海水族館
第1・2背びれの間に背中線隆起があることで、似ているメジロザメの仲間と区別します。


オオメジロザメ  軟骨魚綱メジロザメ目メジロザメ科
Carcharhinus leucas
オオメジロザメ01 美ら海水族館
美ら海水族館でサメの王者として君臨するオオメジロザメです。
繁殖にも成功しています。
オオメジロザメ02 美ら海水族館
他のメジロザメの仲間に比べ、顎から肩にかけての体が分厚く、恐さを感じさせます。


ドタブカ  軟骨魚綱メジロザメ目メジロザメ科
Carcharhinus obscurus
ドタブカ01 美ら海水族館
角張ったイメージの強いドタブカです。
コバンザメにつきまとわれて迷惑そうにしていました。


メジロザメ(ヤジブカ)  軟骨魚綱メジロザメ目メジロザメ科
Carcharhinus plumbeus
メジロザメ(ヤジブカ)01 美ら海水族館
ファーストガンダムのモビルアーマー「エルメス」を思わせる背びれの立派なヤジブカです。
この個体も美ら海水族館で繁殖した個体でしょうか?


ネムリブカ  軟骨魚綱メジロザメ目メジロザメ科
Triaenodon obesus
ネムリブカ01 美ら海水族館
サメ博士の部屋水槽のメンバーの中では、圧倒的に華奢に見えてしまっていたネムリブカです。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ
にほんブログ村

動物園・水族館・植物園ランキング
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Black Rhino

Author:Black Rhino
中学生の頃から、動物園・水族館に通い続ける動物好きのおっさんです。中途半端なホエールウォッチャーでもあり、バードウォッチャーでもあり、一応獣医師でもあり、日本さかな検定1級合格者でもあったりします。20年以上リクガメも飼い続けています。仕事と家庭を顧みながら、細々と趣味の「動物」に時間とお金を注ぎ込んでいます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR