FC2ブログ

琵琶湖博物館 09 タンガニーカシクリッド

琵琶湖博物館 09

琵琶湖博物館のタンガニーカ湖水槽で出会えたシクリッドたちを紹介します。

アウロノクラヌス デウィンディ  条鰭綱スズキ目カワスズメ科(シクリッド科)
Aulonocranus dewindti
アウロノクラヌス デウィンディ01 琵琶湖博物館
光沢のある黄色と青の縦縞が見られるオス個体です。
アウロノクラヌス デウィンディ02 琵琶湖博物館
腹びれが特に長いオス個体です。
アウロノクラヌス デウィンディ03 琵琶湖博物館
全体に暗い銀色をしているメス個体です。


ネオランプロローグス モーリー  条鰭綱スズキ目カワスズメ科(シクリッド科)
Neolamprologus moorii
ネオランプロローグス モーリー01 琵琶湖博物館
タンガニーカ湖の南半分の岩場に生息しています。
ネオランプロローグス モーリー02 琵琶湖博物館
黒みの強い成熟したオス個体でしょうか。


レピディオランプロローグス アテヌアータス  条鰭綱スズキ目カワスズメ科(シクリッド科)
Lepidolamprologus attenuatus
レピディオランプロローグス アテヌアータス01 琵琶湖博物館
石の裏や巻き貝の中に産卵し保育します。


ジュリドクロミス マルリエリ  条鰭綱スズキ目カワスズメ科(シクリッド科)
Julidochromis marlieri
ジュリドクロミス マルリエリ01 琵琶湖博物館
岩場に生息しています。ジュリドクロミス属の中で最も大きくなる種の一つです。


オレオクロミス タンガニカエ  条鰭綱スズキ目カワスズメ科(シクリッド科)
Oreochromis tanganicae
オレオクロミス タンガニカエ01 琵琶湖博物館
口内保育のため下あごが膨らんだ感じのメス個体です。
オレオクロミス タンガニカエ02 琵琶湖博物館
おとなしい色合いのメス個体です。
派手なオス個体は水槽中央に来てくれなくてまともな写真を撮らせてくれませんでした。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ
にほんブログ村

動物園・水族館・植物園ランキング
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Black Rhino

Author:Black Rhino
中学生の頃から、動物園・水族館に通い続ける動物好きのおっさんです。中途半端なホエールウォッチャーでもあり、バードウォッチャーでもあり、一応獣医師でもあり、日本さかな検定1級合格者でもあったりします。20年以上リクガメも飼い続けています。仕事と家庭を顧みながら、細々と趣味の「動物」に時間とお金を注ぎ込んでいます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR