FC2ブログ

東海大学海洋科学博物館 07 ウナギギンポ シマウミヘビ ニョロニョロ系の魚たち

東海大学海洋科学博物館 07

ヘビっぽい魚2種と地味に存在感を示していた魚2種を紹介します。

ウナギギンポ  条鰭綱スズキ目イソギンポ科
Xiphasia setifer
ウナギギンポ01 東海大学海洋科学博物館
リボン状の体にはうすい横帯が入ります。
著しく細長い体形ですが、ニジギンポに近縁で下顎には大きな犬歯を持っています。


シマウミヘビ  条鰭綱ウナギ目ウミヘビ科
Myrichthys colubrinus
シマウミヘビ01 東海大学海洋科学博物館
爬虫類のウミヘビに擬態しているようで、毒蛇感満載の魚です。
シマウミヘビ02 東海大学海洋科学博物館
真上から観察できるようになっていましたが、とぐろを巻いたヘビをイメージさせます。


ニシキカワハギ  条鰭綱フグ目カワハギ科
Pervagor janthinosoma
ニシキカワハギ01 東海大学海洋科学博物館
青緑の体色に派手なオレンジ色の尾びれを持つ、小さいけれど妙にオシャレなカワハギです。


マツダイ  条鰭綱スズキ目マツダイ科
Lobotes surinamensis
マツダイ01 東海大学海洋科学博物館
背びれ・腹びれ軟条部と尾びれの後端が丸みをおびていて、尾びれが3つあるように見えることから英名でトリプルテールと呼ばれています。
マツダイ02 東海大学海洋科学博物館
ガラス面近くを浮遊している状況がよく見られ、独特の体型と合わせて地味な割には目立っている魚です。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ
にほんブログ村

動物園・水族館・植物園ランキング
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Black Rhino

Author:Black Rhino
中学生の頃から、動物園・水族館に通い続ける動物好きのおっさんです。中途半端なホエールウォッチャーでもあり、バードウォッチャーでもあり、一応獣医師でもあり、日本さかな検定1級合格者でもあったりします。20年以上リクガメも飼い続けています。仕事と家庭を顧みながら、細々と趣味の「動物」に時間とお金を注ぎ込んでいます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR