FC2ブログ

アクアマリンふくしま 07 ウミガラスにウミウ 泳ぐ鳥たち

アクアマリンふくしま 07

アクアマリンふくしまで出会えた泳ぐ鳥たちを紹介します。

ウミガラス  鳥綱チドリ目ウミスズメ科
Uria aalge
ウミガラス1 アクアマリンふくしま
別名「オロロン鳥」。残念ながら日本国内の繁殖地が失われつつあります。
北海道の天売島では、デコイ(鳥の模型)を置いて繁殖を促す活動が進められています。
ウミガラス2 アクアマリンふくしま
羽毛の間に空気を貯めているので、水は皮膚に触れていません。
翼を使って羽ばたきながら泳ぎます。

エトピリカ  鳥綱チドリ目ウミスズメ科
Fratercula cirrhata
エトピリカ1 アクアマリンふくしま
茨城の大洗水族館でも出会えました。
エトピリカ2 アクアマリンふくしま
飛行能力も残しているため、ペンギンのようにスムーズには泳げません。


ウミウ  鳥綱ペリカン目ウ科
Phalacrocorax capillatus
ウミウ1 アクアマリンふくしま
前にユーラシアカワウソを展示していた場所で、ウミウが飼育されていました。
実際に川でアユを食べているのはカワウですが、鵜飼で使われるウはカワウではなくこのウミウです。
ウミウ2 アクアマリンふくしま
ウミガラスやエトピリカと異なり、水中では翼をたたみ脚を使って泳ぎます。
近くの茨城県日立市十王町の「鵜の岬」でウミウは捕獲され、全国の鵜匠に届けられます。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ
にほんブログ村

動物園・水族館・植物園ランキング
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Black Rhino

Author:Black Rhino
中学生の頃から、動物園・水族館に通い続ける動物好きのおっさんです。中途半端なホエールウォッチャーでもあり、バードウォッチャーでもあり、一応獣医師でもあり、日本さかな検定1級合格者でもあったりします。20年以上リクガメも飼い続けています。仕事と家庭を顧みながら、細々と趣味の「動物」に時間とお金を注ぎ込んでいます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR