FC2ブログ

碧南海浜水族館 03 ウロコマツカサ クロオビマツカサ 識別に困るアカマツカサ属の魚たち

碧南海浜水族館 03

水槽脇の種名看板では、アカマツカサ1種しか紹介されていませんでしたが、4~5種類混在している
感じだったので、識別にチャレンジしてみました。自信はございません。

ウロコマツカサ  条鰭綱キンメダイ目イットウダイ科
Myripristis botche
ウロコマツカサ01 碧南海浜水族館
うろこの枚数はアカマツカサと変わらない感じですが、白っぽくて妙に美しい個体が
混じっていました。
ウロコマツカサ02 碧南海浜水族館
各ひれの縁にはっきりとした白ラインが入り、ひれ先が黒い、美魚でした。
ウロコマツカサ03 碧南海浜水族館
えら蓋も銀白色でうろこの輪郭も赤ラインで浮き上がる感じだったので、ウロコマツカサと
同定しました。


クロオビマツカサ  条鰭綱キンメダイ目イットウダイ科
Myripristis kuntee
クロオビマツカサ01 碧南海浜水族館
アカマツカサよりも明らかにうろこが細かい個体です。
クロオビマツカサ02 碧南海浜水族館
体色は黄色みが強い朱色です。
クロオビマツカサ03 碧南海浜水族館
名前の由来となっているえら蓋後方の暗色帯が肩から胸びれまで幅広にしっかり走ります。


ヨゴレマツカサ  条鰭綱キンメダイ目イットウダイ科
Myripristis murdjan
ヨゴレマツカサ01 碧南海浜水族館
水槽の左側に光沢のないすすけた赤色の個体を2尾見つけました。
ヨゴレマツカサ02 碧南海浜水族館
ウロコの枚数はアカマツカサと変わらない感じでした。
ヨゴレマツカサ03 碧南海浜水族館
臆病だった2個体目です。下あごも突出している感じがありません。
ヨゴレマツカサ04 碧南海浜水族館
えら蓋後方の暗色帯が途中で途切れています。ヨゴレマツカサと同定しました。


アカマツカサ  条鰭綱キンメダイ目イットウダイ科
Myripristis berndti
アカマツカサ01 碧南海浜水族館
下あごが突出した典型的なアカマツカサと思われる個体です。
アカマツカサ02 碧南海浜水族館
個体差や気分による発色の状況がいろいろ変化するとは思いますが、全身に赤色が綺麗に
のっている個体です。


ナミマツカサ?  条鰭綱キンメダイ目イットウダイ科
Myripristis kochiensis
ナミマツカサ?01 碧南海浜水族館
アカマツカサと思われた個体の中に、下あごの突出が弱く顔の輪郭も丸っこい個体が
混じっていました。もともとアカマツカサと混同されていたナミマツカサの可能性や
ツマリマツカサの可能性が考えられましたが、単なる個体差かもしれなくて、正直、
よく分かりませんでした。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ
にほんブログ村

動物園・水族館・植物園ランキング
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Black Rhino

Author:Black Rhino
中学生の頃から、動物園・水族館に通い続ける動物好きのおっさんです。中途半端なホエールウォッチャーでもあり、バードウォッチャーでもあり、一応獣医師でもあり、日本さかな検定1級合格者でもあったりします。20年以上リクガメも飼い続けています。仕事と家庭を顧みながら、細々と趣味の「動物」に時間とお金を注ぎ込んでいます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR