FC2ブログ

安佐動物公園 23 アカゲザル アヌビスヒヒ ダイアナモンキー 安佐動物公園のサルたち

安佐動物公園 23

安佐動物公園で飼育展示されていたオナガザル科のサルたちを中心に紹介します。

アカゲザル  哺乳綱サル目(霊長目)オナガザル科
Macaca mulatta
アカゲザル01 安佐動物公園
インドから中国南部にかけて広く生息するやや小型のマカク属のサルですが、このオス個体は
立派な体格をしていました。
アカゲザル02 安佐動物公園
こちらは寝転がっていたメス個体です。
広島市の友好都市である中国の重慶市の動物園から、アヌビスヒヒと交換で1988年11月に
来園しています。


アヌビスヒヒ(ドグエラヒヒ)  哺乳綱サル目(霊長目)オナガザル科
Papio anubis
アヌビスヒヒ01 安佐動物公園
正門をくぐって正面のサル山で群で飼育されている名物のアヌビスヒヒです。
涼しい位置で大きなオスが昼寝中です。
アヌビスヒヒ02 安佐動物公園
こちらも日陰でメス個体が壁に寄りかかって昼寝しています。
アヌビスヒヒ03 安佐動物公園
午前中、このオス個体は擬岩の窪みで仰向けで寝ていました。
アヌビスヒヒ04 安佐動物公園
夕方の閉園間際の時間帯ですが、午前中と同じと思われるオス個体がやはり仰向けで寝ていました。
アヌビスヒヒ05 安佐動物公園
オス個体をメス個体がグルーミングしています。
アヌビスヒヒ06 安佐動物公園
子どもは岩山を元気に駆け下りていました。
アヌビスヒヒ07 安佐動物公園
餌の時間には、多種類の餌が全ての個体に行き渡るよう広くばらまかれていました。
若い個体が一生懸命餌を拾って食べていました。


マンドリル  哺乳綱サル目(霊長目)オナガザル科
Mandrillus sphinx
マンドリル01 安佐動物公園
2017年6月16日生まれのメス「マリン」さんです。
放飼場に置かれた木を必死に囓っていました。
マンドリル02 安佐動物公園
囓り取った木を口に入れていました。
木の中にいるアリやカミキリムシの幼虫を食べていたのか、ただ囓っていただけなのかは不明です。


ダイアナモンキー  哺乳綱サル目(霊長目)オナガザル科
Cercopithecus diana
ダイアナモンキー01 安佐動物公園
西アフリカの熱帯多雨林にすむ樹上性のサルです。
額の白い三日月型の毛から、ローマ神話の月の女神「ダイアナ」の名がつけられたようです。


ブラッザモンキー(ブラッザグエノン)  哺乳綱サル目(霊長目)オナガザル科
Cercopithecus neglectus
ブラッザモンキー01 安佐動物公園
中央アフリカの川沿いにすむ樹上性のサルです。頭部のオレンジ色とあごの白く長い毛が特徴です。
立派な犬歯が見えているオス個体です。
ブラッザモンキー02 安佐動物公園
優しげな顔のメス個体です。
ブラッザの名は、発見した探検家の名前からつけられました。


エリマキキツネザル  哺乳綱サル目(霊長目)キツネザル科
Varecia variegata
エリマキキツネザル01 安佐動物公園
地面で仰向けになって休憩中です。
1987年12月にオオサンショウウオと交換で、イギリスのブリストル動物園から来園しました。
エリマキキツネザル02 安佐動物公園
こちらの個体は丸まってお昼寝中です。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ
にほんブログ村

動物園・水族館・植物園ランキング
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Black Rhino

Author:Black Rhino
中学生の頃から、動物園・水族館に通い続ける動物好きのおっさんです。中途半端なホエールウォッチャーでもあり、バードウォッチャーでもあり、一応獣医師でもあり、日本さかな検定1級合格者でもあったりします。20年以上リクガメも飼い続けています。仕事と家庭を顧みながら、細々と趣味の「動物」に時間とお金を注ぎ込んでいます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR