FC2ブログ

浜松市動物園 14 クロキツネザル フランソワルトン アフリカとアジアのサルたち

浜松市動物園 14

サル類の展示が充実している浜松市動物園ですが、今回はオナガザル科のサルを中心に
紹介します。

クロキツネザル  哺乳綱サル目(霊長目)キツネザル科
Eulemur macaco
クロキツネザル01 浜松市動物園
マダガスカルの雌雄で色が異なるキツネザルの仲間です。
繁殖が順調で大家族で生活していました。
クロキツネザル02 浜松市動物園
真っ黒なオス個体です。
クロキツネザル03 浜松市動物園
褐色基調のメス個体です。
クロキツネザル04 浜松市動物園
2018年4月21日生まれの赤ちゃんが、母親に尻尾を使って巻き付いています。
クロキツネザル05 浜松市動物園
母親をまねて、地面にまかれた餌を囓っています。
クロキツネザル06 浜松市動物園
こちらは若めのオス個体です。お兄さんでしょうか?


フランソワルトン  哺乳綱サル目(霊長目)オナガザル科
Trachypithecus francoisi
フランソワルトン01 浜松市動物園
頬の白いヒゲがオシャレなリーフイーター(葉喰いザル)です。
中国南部からベトナムにかけて生息しています。
フランソワルトン02 浜松市動物園
成長過程の若い個体です。


アビシニアコロブス  哺乳綱サル目(霊長目)オナガザル科
Colobus guereza
アビシニアコロブス01 浜松市動物園
アフリカに生息するリーフイーターです。
本来、樹上生活者ですが、高齢なのか地面でゆっくり過ごしていました。
アビシニアコロブス02 浜松市動物園
エサは頑張って食べていました。


マンドリル  哺乳綱サル目(霊長目)オナガザル科
Mandrillus sphinx
マンドリル01 浜松市動物園
2010年7月8日ここ浜松で生まれたオス「ジェナ」さんです。
マンドリルのオスらしく色付いてきました。
マンドリル02 浜松市動物園
2008年10月8日日本モンキーセンター生まれのメス「ティア」さんです。
「ジェナ」さんとの間で2016年9月に子どもをもうけました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ
にほんブログ村

動物園・水族館・植物園ランキング
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Black Rhino

Author:Black Rhino
中学生の頃から、動物園・水族館に通い続ける動物好きのおっさんです。中途半端なホエールウォッチャーでもあり、バードウォッチャーでもあり、一応獣医師でもあり、日本さかな検定1級合格者でもあったりします。20年以上リクガメも飼い続けています。仕事と家庭を顧みながら、細々と趣味の「動物」に時間とお金を注ぎ込んでいます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR