FC2ブログ

京都水族館 03 サクラマス アユ ノゴイ 京都の淡水魚たち

京都水族館 03

京都水族館の京の川(由良川)展示エリアで出会えた淡水で生活する魚たちを紹介します。

サクラマス  条鰭綱サケ目サケ科
Oncorhynchus masou masou
サクラマス 京都水族館
海から川へ遡上後、産卵期を迎え赤く色づいたオス(左上)とメス(右下)のサクラマスです。
サクラマス オス 京都水族館
オスはアゴが曲がり背が盛り上がります。
サクラマス メス 京都水族館
メスは丸い顔をしています。


ヤマメ  条鰭綱サケ目サケ科
Oncorhynchus masou masou
ヤマメ 京都水族館
サクラマスの陸封型です(同じ種類です。)。海には下らず小さな体のまま川で一生暮らします。


ニッコウイワナ  条鰭綱サケ目サケ科
Salvelinus leucomaenis pluvius
ニッコウイワナ 京都水族館
美しい斑点が入った個体です。川の上流部で暮らしています。


アユ  条鰭綱サケ目アユ科
Plecoglossus altivelis altivelis
アユ 京都水族館
大きなアユが1尾のみ泳いでいました。産卵時期を過ぎても死ななかった越年アユでしょうか。


カネヒラ  条鰭綱コイ目コイ科
Acheilognathus rhombeus
カネヒラ 京都水族館
西日本に生息する大型のタナゴです。色付いたオスは特に見映えがします。


ムギツク  条鰭綱コイ目コイ科
Pungtungia herzi
ムギツク 京都水族館
オヤニラミに託卵することで有名です。


オイカワ  条鰭綱コイ目コイ科
Opsariichthys platypus
オイカワ 京都水族館
美しく色付いたオスのオイカワです。


ウグイ  条鰭綱コイ目コイ科
Tribolodon hakonensis
ウグイ 京都水族館
オレンジ色に発色していない地味なウグイです。


ズナガニゴイ  条鰭綱コイ目コイ科
Hemibarbus longirostris
ズナガニゴイ 京都水族館
ひれに黒斑が入る小型のニゴイの仲間です。


ニゴイ  条鰭綱コイ目コイ科
Hemibarbus barbus
ニゴイ 京都水族館
鼻面が長い立派な体格のニゴイです。


ゲンゴロウブナ(ヘラブナ)  条鰭綱コイ目コイ科
Carassius cuvieri
ゲンゴロウブナ 京都水族館
釣りで人気の体高のあるフナです。


コイ  条鰭綱コイ目コイ科
Cyprinus carpio
コイ 京都水族館
かつて人為的に放流されたとされる体高のあるいわゆる普通のコイです。


ノゴイ?  条鰭綱コイ目コイ科
Cyprinus sp.
ノゴイ 京都水族館
琵琶湖など日本の一部に生存する在来のコイです。
深場に生息し産卵時期がずれていたことで、外来のコイと交雑せずに生き残ったと言われています。
体高が低く短かめの丸い頭をしています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ
にほんブログ村

動物園・水族館・植物園ランキング
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Black Rhino

Author:Black Rhino
中学生の頃から、動物園・水族館に通い続ける動物好きのおっさんです。中途半端なホエールウォッチャーでもあり、バードウォッチャーでもあり、一応獣医師でもあり、日本さかな検定1級合格者でもあったりします。20年以上リクガメも飼い続けています。仕事と家庭を顧みながら、細々と趣味の「動物」に時間とお金を注ぎ込んでいます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR