FC2ブログ

東海大学海洋科学博物館 01 オニアジ オキアジ 魅惑のアジたち

東海大学海洋科学博物館 01

先日、「さかなクン」が好きな水族館として紹介されている東海大学海洋科学博物館を
訪問しました。
私個人としても幼少の頃生まれて初めて行った水族館でもあります。
ここには、アジ好きにはたまらない滞在時間が長くなる素晴らしい展示水槽があります。
他の水族館では、なかなか出会うことの無いアジの仲間を紹介します。

オニアジ  条鰭綱スズキ目アジ科
Megalaspis cordyla
オニアジ1 東海大学海洋科学博物館
アジ特有のゼンゴと呼ばれるとても大きくギザギザした稜鱗(りょうりん)が目立ちます。
オニアジ2 東海大学海洋科学博物館
第二背びれの後ろと臀びれの後ろにマグロに見られるような小離鰭もあって格好いいアジです。
オニアジ3 東海大学海洋科学博物館
腹下の金属光沢も美しい紡錘形のアジです。
オニアジ4 東海大学海洋科学博物館
翻った瞬間、大きく長いゼンゴが銀色に輝きます。


オキアジ  条鰭綱スズキ目アジ科
Uraspis helvola
オキアジ1 東海大学海洋科学博物館
丸っこい卵形をしたアジです。
オキアジ2 東海大学海洋科学博物館
体を横切る暗色の横帯が入ります。
オキアジ3 東海大学海洋科学博物館
口元が銀色に光っています。
オキアジ4 東海大学海洋科学博物館
気分が変わると真っ黒になります。黒く発色するのが特徴的なアジです。


リュウキュウヨロイアジ  条鰭綱スズキ目アジ科
Carangoides hedlandensis
リュウキュウヨロイアジ1 東海大学海洋科学博物館
背びれ尻びれのたくさんの軟条がヒラヒラと伸びるオスの個体です。
リュウキュウヨロイアジ2 東海大学海洋科学博物館
眼前の額部分が少し突出するのが特徴です。右眼を痛めてしまっている状態でした。
リュウキュウヨロイアジ3 東海大学海洋科学博物館
年を取った個体のようで額のラインが急峻です。


イトヒラアジ  条鰭綱スズキ目アジ科
Carangichthys dinema
イトヒラアジ1 東海大学海洋科学博物館
背びれの基底部分に明瞭な黒色斑列があるのが特徴です。青みがかった銀色の体色です。
イトヒラアジ2 東海大学海洋科学博物館
背びれと尻びれの軟条が伸びていますが、特に背びれの伸びが顕著です。
イトヒラアジ3 東海大学海洋科学博物館
この個体は、背部に黒点が入り、胸びれ、腹びれ、尻びれの黒色部分が目立っています。


テンジクアジ  条鰭綱スズキ目アジ科
Carangichthys oblongus
テンジクアジ1 東海大学海洋科学博物館
イトヒラアジに似ていて、背びれの基底部分に黒色斑列があるのが特徴です。
テンジクアジ2 東海大学海洋科学博物館
画像左上のイトヒラアジに比べて体色が黄色っぽく、額も直線的で尖った印象を受けます。
背びれと尻びれの軟条が伸びていますが、イトヒラアジよりも尻びれの軟条がよく伸びるようです。
テンジクアジ3 東海大学海洋科学博物館
平たい体型のアジです。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ
にほんブログ村

動物園・水族館・植物園ランキング
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Black Rhino

Author:Black Rhino
中学生の頃から、動物園・水族館に通い続ける動物好きのおっさんです。中途半端なホエールウォッチャーでもあり、バードウォッチャーでもあり、一応獣医師でもあり、日本さかな検定1級合格者でもあったりします。20年以上リクガメも飼い続けています。仕事と家庭を顧みながら、細々と趣味の「動物」に時間とお金を注ぎ込んでいます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR