FC2ブログ

伊豆アニマルキングダム 04 シロヒゲオグロヌー シロオリックス ブラックバック 長足の美しきウシ科の動物たち

伊豆アニマルキングダム 04

長い足で立ち姿が美しいウシ科の動物たちを紹介します。

シロヒゲオグロヌー  哺乳綱ウシ目(偶蹄目)ウシ科
Connochaetes taurinus albojubatus
シロヒゲオグロヌー01 伊豆アニマルキングダム
東アフリカのタンザニア:セレンゲティ国立公園とケニア:マサイマラ国立保護区を大移動することで有名なシロヒゲオグロヌーです。
喉元の毛が白いのが特徴です。アフリカ南部のほうには、喉の毛が黒いクロヒゲオグロヌーが生息しています。
2019年10月9日来園したオス「マサオ」さんです。
首を振って水滴をはね飛ばしています。
シロヒゲオグロヌー02 伊豆アニマルキングダム
長い舌で鼻をお手入れ中です。
現在、国内でオグロヌーを飼育しているのは、姫路セントラルパークとここ伊豆アニマルキングダムのみのようです。
昔は群馬サファリパークで、シロヒゲもクロヒゲも飼育いていたのを覚えています。
シロヒゲオグロヌー03 伊豆アニマルキングダム
オス(奥:マサオ)メス(手前:ミカン)2頭で仲良く並んでいます。
メスのほうは、2015年7月16日姫路セントラルパーク生まれで2017年10月25日に来年した「ミカン」さんです。
シロヒゲオグロヌー04 伊豆アニマルキングダム
「ミカン」さん腰を落として放尿中です。
シロヒゲオグロヌー05 伊豆アニマルキングダム
今度は、首を後ろ足で上手に掻いています。
野生下では、野火で焼けたあとに生える高さ10㎝までの短い草を好みます。


シロオリックス  哺乳綱ウシ目(偶蹄目)ウシ科
Oryx dammah
シロオリックス01 伊豆アニマルキングダム
サハラ砂漠周辺の乾燥地に生息していたシロオリックスですが、野生個体は絶滅したと言われています。
尻尾を振り上げて放尿中です。
シロオリックス02 伊豆アニマルキングダム
角がかゆい?のか、フェンスに角を擦りつけていた個体です。
シロオリックス03 伊豆アニマルキングダム
餌の気配を感じて軽快に駆け寄っていく個体です。
白い体は強い日差しを逃すために役立っていると言われています。
シロオリックス04 伊豆アニマルキングダム
どしゃ降りの中で、褐色部分の色合いが薄い個体がたたずんでいました。


ブラックバック  哺乳綱ウシ目(偶蹄目)ウシ科
Antilope cervicapra
ブラックバック01 伊豆アニマルキングダム
インドを中心に生息するブラックバックです。
背中が真っ黒でねじれ角が立派な地位の高いオス個体です。
ブラックバック02 伊豆アニマルキングダム
こちらは、背が薄い褐色で角が短めの若いオス個体です。
ブラックバック03 伊豆アニマルキングダム
雨の中、こちらを見つめる角の無いメス個体です。
ブラックバック04 伊豆アニマルキングダム
腰を下げ気味にして放尿中のメス個体です。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ
にほんブログ村

動物園・水族館・植物園ランキング
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Black Rhino

Author:Black Rhino
中学生の頃から、動物園・水族館に通い続ける動物好きのおっさんです。中途半端なホエールウォッチャーでもあり、バードウォッチャーでもあり、一応獣医師でもあり、日本さかな検定1級合格者でもあったりします。20年以上リクガメも飼い続けています。仕事と家庭を顧みながら、細々と趣味の「動物」に時間とお金を注ぎ込んでいます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR