FC2ブログ

那須どうぶつ王国 01 最も賢い鳥? その名はケア(ミヤマオウム)

那須どうぶつ王国 01

長年会いたかったオウム ケアが、日本で初めて展示されたとの情報を得て、昨年10月
那須どうぶつ王国を訪問しました。

ケア (ミヤマオウム)  鳥綱オウム目フクロウオウム科
Nestor notabilis
ケア (ミヤマオウム) 那須どうぶつ王国
鳥の王国ニュージーランドに生息するいたずら好きで有名なオウムです。
NHKの「ダーウィンが来た」でも取り上げられました。
餌も持っていないのに人に興味を持ってどんどん近寄ってくる初めての鳥でした。
ハシブトガラスを凌ぐ能力を発揮する可能性を感じました。まさに噂通りの強者。
神戸どうぶつ王国でも展示が開始されています。


ニシツノメドリ  鳥綱チドリ目ウミスズメ科
Fratercula arctica
ニシツノメドリ 那須どうぶつ王国
飛ぶことも泳ぐこともできる鳥です。北大西洋に生息し、夏羽だと白くピエロのような派手な顔立ちになります。
残念ながら訪問したのが10月で冬羽になってしまい黒く地味な顔をしています。
北太平洋に生息し北海道でも観察されるツノメドリのほうが、くちばしの黄色が目立ちもっと派手な感じになります。


スバールバルライチョウ  鳥綱キジ目ライチョウ科
Lagopus muta hyperborea
スバールバルライチョウ 那須どうぶつ王国
種としては、ニホンライチョウと同じになります。現在、ニホンライチョウを動物園で増殖させる計画が進行していますが、
ライチョウの飼育繁殖技術を確立するため先にスバールバルライチョウが動物園に導入され貢献しています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ
にほんブログ村

動物園・水族館・植物園ランキング
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Black Rhino

Author:Black Rhino
中学生の頃から、動物園・水族館に通い続ける動物好きのおっさんです。中途半端なホエールウォッチャーでもあり、バードウォッチャーでもあり、一応獣医師でもあり、日本さかな検定1級合格者でもあったりします。20年以上リクガメも飼い続けています。仕事と家庭を顧みながら、細々と趣味の「動物」に時間とお金を注ぎ込んでいます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR