FC2ブログ

魚津水族館 05 アイブリ ウッカリカサゴ ニジカジカ ちょっと気になる魚津の魚たち

魚津水族館 05

少し前の訪問になりましたが、地味に自己主張していた魚津水族館の気になる魚たちを紹介します。

アイブリ  条鰭綱スズキ目アジ科
Seriolina nigrofasciata
アイブリ01 魚津水族館
体の黒い帯が特徴的なアイブリの幼魚です。
成魚になると体色は地味になり黒い帯も薄くなります。
アイブリ02 魚津水族館
富山湾では珍しい魚で、過去には5例ほどしか記録がないようです。
魚津水族館では初展示となりました。
アイブリ03 魚津水族館
ブリに似ているけど、ブリじゃない、合間の魚という意味で「アイブリ」になったと言われているようです。


タヌキメバル  条鰭綱スズキ目メバル科
Sebastes zonatus
タヌキメバル01 魚津水族館
似ている黒っぽいキツネメバルよりも、体側中央の茶色っぽい大きな帯状模様が目立ち、全体的に淡い色彩です。
尾びれの縁が白いのが目立ちます。


ウッカリカサゴ  条鰭綱スズキ目メバル科
Sebastiscus tertius
ウッカリカサゴ01 魚津水族館
イズカサゴに乗っかっているウッカリカサゴです。
体に縁取りされた斑点があるのがカサゴとの違いです。
ウッカリするとカサゴと間違えるから、この名前になったと言われています。


カサゴ  条鰭綱スズキ目メバル科
Sebastiscus marmoratus
カサゴ01 魚津水族館
こちらは斑点が殆ど無い普通のカサゴです。


ニジカジカ  条鰭綱スズキ目カジカ科
Alcichthys elongatus
ニジカジカ01 魚津水族館
日本海側では、島根県以北に生息する北方系のカジカです。
体表にはウロコが殆ど無く粘液が多いのが特徴です。
ニジカジカ02 魚津水族館
体側の腹側部に白色円斑が散らばります。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ
にほんブログ村

動物園・水族館・植物園ランキング
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Black Rhino

Author:Black Rhino
中学生の頃から、動物園・水族館に通い続ける動物好きのおっさんです。中途半端なホエールウォッチャーでもあり、バードウォッチャーでもあり、一応獣医師でもあり、日本さかな検定1級合格者でもあったりします。20年以上リクガメも飼い続けています。仕事と家庭を顧みながら、細々と趣味の「動物」に時間とお金を注ぎ込んでいます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR