FC2ブログ

東海大学海洋科学博物館 12 カケハシハタ カミナリベラ トウゴロウイワシ 水槽を盛り上げる名脇役たち

東海大学海洋科学博物館 12

水槽の中で主役にはなりませんが、渋く個性を発揮していた魚たちを紹介します。

カケハシハタ  条鰭綱スズキ目ハタ科
Epinephelus radiatus
カケハシハタ01 東海大学海洋科学博物館
ホウキハタやイヤゴハタと似ていて紛らわしいのですが、体側後半に黒縁のある太い淡色斑が斜走するのが特徴です。
カケハシハタ02 東海大学海洋科学博物館
南日本沿岸の深い岩場に生息しています。


ナガハナダイ  条鰭綱スズキ目ハタ科
Pseudanthias elongatus
ナガハナダイ01 東海大学海洋科学博物館
腹びれの第2軟条が伸びる美しいオス個体です。メスからオスへ性転換します。
水深30m以深の岩場に生息しています。
ナガハナダイ02 東海大学海洋科学博物館
発色が素晴らしく赤色がエグいオス個体です。
頬の蛍光紫のラインも美しいです。


マツバスズメダイ  条鰭綱スズキ目スズメダイ科
Chromis fumeus
マツバスズメダイ01 東海大学海洋科学博物館
尾びれの上葉と下葉、背びれと尻びれの縁に黒色帯が走ります。
産卵期にはオスは縄張りをつくり、メスに産ませた卵を保護します。


カミナリベラ  条鰭綱スズキ目ベラ科
Stethojulis interrupta terina
カミナリベラ01 東海大学海洋科学博物館
顔に走る蛍光ブルーのラインが繊細に美しい雄相の個体です。
カミナリベラ02 東海大学海洋科学博物館
胸びれ前のオレンジ斑が鮮やかです。


トウゴロウイワシ  条鰭綱トウゴロウイワシ目トウゴロウイワシ科
Hypoatherina valenciennei
トウゴロウイワシ01 東海大学海洋科学博物館
肛門が体の前方の腹びれ近くに開孔しているので、似ているギンイソイワシではなくトウゴロウイワシと識別しました。
腹部に黒色素胞縦列が数列ならびます。
トウゴロウイワシ02 東海大学海洋科学博物館
水面付近で群れる可愛らしい魚です。


カイエビス  条鰭綱キンメダイ目イットウダイ科
Ostichthys kaianus
カイエビス01 東海大学海洋科学博物館
似ているエビスダイとは異なり、体側に明瞭な白色縦線が並びます。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ
にほんブログ村

動物園・水族館・植物園ランキング
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Black Rhino

Author:Black Rhino
中学生の頃から、動物園・水族館に通い続ける動物好きのおっさんです。中途半端なホエールウォッチャーでもあり、バードウォッチャーでもあり、一応獣医師でもあり、日本さかな検定1級合格者でもあったりします。20年以上リクガメも飼い続けています。仕事と家庭を顧みながら、細々と趣味の「動物」に時間とお金を注ぎ込んでいます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR