FC2ブログ

海響館 下関市立しものせき水族館 19 ミナミフトスジイシモチ テンジクダイ オジロスズメダイ 地味に気になる魚たち

海響館 下関市立しものせき水族館 19

球面水槽や陰気な性格、距離の遠さから厳しい撮影条件となり鮮明な画像が確保できませんでしたが、気になったテンジクダイ科とスズメダイ科の魚たちを紹介します。

ミナミフトスジイシモチ  条鰭綱スズキ目テンジクダイ科
Ostorhinchus nigrofasciatus
ミナミフトスジイシモチ01 海響館
吻の先端が尖り気味で、各ひれが赤みがかっています。
ミナミフトスジイシモチ02 海響館
尾びれまで達しない幅が均一の黒色縦帯が特徴です。


ホソスジナミダテンジクダイ  条鰭綱スズキ目テンジクダイ科
Nectamia fusca
ホソスジナミダテンジクダイ01 海響館
大きめの眼の下には細い黒色斜帯が走り、尾柄には不明瞭な暗色横帯があります。
ホソスジナミダテンジクダイ02 海響館
体側には細めの淡色縦帯が走ります。
ライブロックの隙間から、なかなか姿を現さない陰気な性格です。


テンジクダイ  条鰭綱スズキ目テンジクダイ科
Jaydia lineata
テンジクダイ01 海響館
体側に走る10本ほどの灰褐色横帯が特徴です。砂泥底に生息しています。
この日は滞在時間が限られる中で、見える位置に出てくるのを待ったのですが、残念ながら撮影出来たのは顔が切れたこの1枚だけでした。


オジロスズメダイ  条鰭綱スズキ目スズメダイ科
Pomacentrus chrysurus
オジロスズメダイ01 海響館
体色は焦げ茶色で地味ですが、黄色い尾びれは目立ちます。


ルリホシスズメダイ  条鰭綱スズキ目スズメダイ科
Plectroglyphidodon lacrymatus
ルリホシスズメダイ01 海響館
金属光沢を伴う青色小斑点が地味に美しいスズメダイです。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ
にほんブログ村

動物園・水族館・植物園ランキング
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Black Rhino

Author:Black Rhino
中学生の頃から、動物園・水族館に通い続ける動物好きのおっさんです。中途半端なホエールウォッチャーでもあり、バードウォッチャーでもあり、一応獣医師でもあり、日本さかな検定1級合格者でもあったりします。20年以上リクガメも飼い続けています。仕事と家庭を顧みながら、細々と趣味の「動物」に時間とお金を注ぎ込んでいます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR