FC2ブログ

魚津水族館 01 ダウリアチョウザメ トミヨ ヤマメ 主流派に属さない魚たち

魚津水族館 01

スズキ目にもコイ目にも属さない気になった魚たちを紹介します。

ダウリアチョウザメ  条鰭綱チョウザメ目チョウザメ科
Huso dauricus
ダウリアチョウザメ01 魚津水族館
数年前に富山湾で捕獲され地元の魚津水族館に運び込まれた個体です。
北海道の水族館以外では、なかなか出会えないチョウザメなので楽しみにしていました。
ダウリアチョウザメ02 魚津水族館
カスピ海や黒海に生息しキャビアで有名な世界最大のチョウザメ「オオチョウザメ」と同属で、かなり大型になる種類です。
オオチョウザメと同じで、吻は尖り気味ですが口が横に大きく広がるので眼からえら蓋の部分が横に大きく膨らみます。
ダウリアチョウザメ03 魚津水族館
美しい体のラインです。
屋外の円形水槽で飼育されていて、残念ながら上から見下ろすことになり横からは観察出来ませんでした。


シロチョウザメ  条鰭綱チョウザメ目チョウザメ科
Acipenser transmontanus
シロチョウザメ01 魚津水族館
吻が丸い北米西海岸に生息するチョウザメです。
日に当たる屋外の水槽で飼育されているためか、体色は黒ずんでいます。
ダウリアチョウザメに負けないサイズ感の大型チョウザメです。


トミヨ属淡水型  条鰭綱トゲウオ目トゲウオ科
Pungitius sinensis
トミヨ属淡水型01 魚津水族館
「富山の河川」コーナーでは、地元富山の河川で採集された個体が展示されています。
ロシアや中国にかけての大陸側にも広く生息していて、日本では福井県以北の日本海側と岩手県以北の本州と北海道に生息しています。
トミヨ属淡水型02 魚津水族館
体高が低いのがトミヨの特徴です。
右上の個体が背中のトゲを少し立てていますが、背びれ棘が8~10本あります。


ヤマメ  条鰭綱サケ目サケ科
Oncorhynchus masou masou
ヤマメ01 魚津水族館
日本海側の富山では、「アマゴ」ではなく「ヤマメ」が生息しています。
朱色が鮮やかに発色した個体です。
ヤマメ02 魚津水族館
こちらは控え目ながらピンク色が美しく発色した個体です。


ニッコウイワナ  条鰭綱サケ目サケ科
Salvelinus leucomaenis pluvius
ニッコウイワナ01 魚津水族館
全身に散りばめられた斑点が極美の個体です。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ
にほんブログ村

動物園・水族館・植物園ランキング
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Black Rhino

Author:Black Rhino
中学生の頃から、動物園・水族館に通い続ける動物好きのおっさんです。中途半端なホエールウォッチャーでもあり、バードウォッチャーでもあり、一応獣医師でもあり、日本さかな検定1級合格者でもあったりします。20年以上リクガメも飼い続けています。仕事と家庭を顧みながら、細々と趣味の「動物」に時間とお金を注ぎ込んでいます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR