FC2ブログ

志摩マリンランド 20 イットウダイ ヒカリマツカサ ひと味違う魚たち

志摩マリンランド 20

見慣れた感じがするのですが、少し違いがあって独特の個性を発揮していた魚たちを紹介します。

イットウダイ  条鰭綱キンメダイ目イットウダイ科
Sargocentron spinosissimum
イットウダイ01 志摩マリンランド
科を代表するはずの種類なのに、似た感じのアヤメエビスやテリエビスに主役の座を明け渡していて存在感の薄いイットウダイです。
イットウダイ02 志摩マリンランド
近縁の種類と異なり、背びれに目立った模様が入らないのが特徴です。


マツカサウオ  条鰭綱キンメダイ目マツカサウオ科
Monocentris japonica
マツカサウオ01 志摩マリンランド
マツカサウオ軍団の中で、ひときわ巨大な名物個体に出会うことが出来ました。
マツカサウオ02 志摩マリンランド
左下の普通サイズの個体よりも体高が1.5倍ぐらいあります。
少し各ひれが擦れていますが、長生きして頂きたいと思います。


ヒカリマツカサ(オーストラリアマツカサウオ)  条鰭綱キンメダイ目マツカサウオ科
Cleidopus gloriamaris
ヒカリマツカサ01 志摩マリンランド
日本のマツカサウオよりも口の下の発光器が良く光るオーストラリア産のマツカサウオの仲間です。
画像の個体のように、成長した個体では明るい場所に行くと発光器が赤色に見えます。


ホシゴンベ  条鰭綱スズキ目ゴンベ科
Paracirrhites forsteri
ホシゴンベ01 志摩マリンランド
一見地味なようですが、顔の赤色斑が実はケバケバしいホシゴンベです。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ
にほんブログ村

動物園・水族館・植物園ランキング
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Black Rhino

Author:Black Rhino
中学生の頃から、動物園・水族館に通い続ける動物好きのおっさんです。中途半端なホエールウォッチャーでもあり、バードウォッチャーでもあり、一応獣医師でもあり、日本さかな検定1級合格者でもあったりします。20年以上リクガメも飼い続けています。仕事と家庭を顧みながら、細々と趣味の「動物」に時間とお金を注ぎ込んでいます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR