FC2ブログ

海響館 下関市立しものせき水族館 13 インディアントリガーフィッシュ スジナメモンガラ オキハギ 個性豊かなモンガラカワハギ科の仲間たち

海響館 下関市立しものせき水族館 13

モンガラカワハギ科の仲間5種を紹介します。

インディアントリガーフィッシュ  条鰭綱フグ目モンガラカワハギ科
Melichthys indicus
インディアントリガーフィッシュ01 海響館
インド洋と紅海のサンゴ礁域に生息しています。
黒っぽい体色で、第2背びれと尻びれの付け根と尾びれの辺縁が白くなります。
頬に浅い溝が走ります。


スジナメモンガラ  条鰭綱フグ目モンガラカワハギ科
Xanthichthys lineopunctatus
スジナメモンガラ01 海響館
頬部に3列の溝が走るのが特徴ですが、この個体は4本溝があるように見えます。
スジナメモンガラ02 海響館
体側は、細い縦帯と斑点模様が入りオシャレです。
奄美地方以南の西部太平洋からインド洋にかけて生息しています。


キヘリモンガラ  条鰭綱フグ目モンガラカワハギ科
Pseudobalistes flavimarginatus
キヘリモンガラ01 海響館
黒点模様が目立つ可愛らしい幼魚が展示されていました。
キヘリモンガラ02 海響館
サンゴ礁域の普通種ですが、幼魚は漂流物や流れ藻などにつくため、日本ではかなり広範囲に分布します。


オキハギ  条鰭綱フグ目モンガラカワハギ科
Abalistes stellatus
オキハギ01 海響館
体側に小さな橙色斑が腹部まで散在し、尾柄部が細くくびれるのが特徴です。
オキハギ02 海響館
駿河湾以南の西部太平洋地域とインド洋にかけて生息しています。
沖合に面したやや深い岩礁域で生活しています。


アミモンガラ  条鰭綱フグ目モンガラカワハギ科
Canthidermis maculata
アミモンガラ01 海響館
水玉模様が特徴です。
全世界の温帯域から熱帯域にかけて広く生息しています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ
にほんブログ村

動物園・水族館・植物園ランキング
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Black Rhino

Author:Black Rhino
中学生の頃から、動物園・水族館に通い続ける動物好きのおっさんです。中途半端なホエールウォッチャーでもあり、バードウォッチャーでもあり、一応獣医師でもあり、日本さかな検定1級合格者でもあったりします。20年以上リクガメも飼い続けています。仕事と家庭を顧みながら、細々と趣味の「動物」に時間とお金を注ぎ込んでいます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR