FC2ブログ

シーライフ名古屋 11 バリアリーフクロミス オハグロハギ モンガラカワハギ 地味に気になる魚たち

シーライフ名古屋 11

水槽のサブキャラですが、何か気になってしまった魚たちを紹介します。

バリアリーフクロミス  条鰭綱スズキ目スズメダイ科
Chromis nitida
バリアリーフクロミス01 シーライフ名古屋
頭部から背中にかけて斜めに黄と黒に塗り分けられるのが特徴です。
バリアリーフクロミス02 シーライフ名古屋
オーストラリア大陸の北東部沿岸のグレートバリアリーフに生息しています。
バリアリーフクロミス03 シーライフ名古屋
気分なのか成長の問題なのか分かりませんが、背中の発色が弱い個体も見かけました。


マツバスズメダイ  条鰭綱スズキ目スズメダイ科
Chromis fumeus
マツバスズメダイ01 シーライフ名古屋
背びれと尻びれ、尾びれの上葉及び下葉が黒く縁取られるのが特徴です。
岩礁の深みの暗い場所が好みです。


キンギョハナダイ?  条鰭綱スズキ目ハタ科
Pseudanthias squamipinnis?
キンギョハナダイ?01 シーライフ名古屋
種名の解説もあったのでキンギョハナダイのメスで間違いないとは思いますが、赤味が濃く違う種に見えました。
産地の違いによる物なのか、照明の問題なのかスミレナガハナダイのオスのような色合いです。


オハグロハギ  条鰭綱スズキ目ニザダイ科
Acanthurus thompsoni
オハグロハギ01 シーライフ名古屋
地味で特徴が無いのが特徴と思ってしまうニザダイの仲間です。
オハグロハギ02 シーライフ名古屋
丸っこい体型と淡色で上葉下葉が長く伸びる尾びれにかろうじて個性があります。


モンガラカワハギ  条鰭綱フグ目モンガラカワハギ科
Balistoides conspicillum
モンガラカワハギ01 シーライフ名古屋
ケバケバしい柄の印象が強いモンガラカワハギですが、シーライフ名古屋の個体は比較的黒っぽくて落ち着いた色合いです。
こちらも産地の違いが関係あるのでしょうか。
モンガラカワハギ02 シーライフ名古屋
尾びれと尻びれのピンク色は美しく発色しています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ
にほんブログ村

動物園・水族館・植物園ランキング
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Black Rhino

Author:Black Rhino
中学生の頃から、動物園・水族館に通い続ける動物好きのおっさんです。中途半端なホエールウォッチャーでもあり、バードウォッチャーでもあり、一応獣医師でもあり、日本さかな検定1級合格者でもあったりします。20年以上リクガメも飼い続けています。仕事と家庭を顧みながら、細々と趣味の「動物」に時間とお金を注ぎ込んでいます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR