FC2ブログ

竹島水族館 30 ホシセミホウボウ ボンボリカエルアンコウ クセの強い魚たち

竹島水族館 30

妙なセミボウボウが展示されているとの情報を得て、思わず見に行ってしまいました。

ホシセミホウボウ  条鰭綱スズキ目セミホウボウ科
Daicocus peterseni
ホシセミホウボウ01 竹島水族館
オレンジ色の体色が目を引くホシセミホウボウです。
腹びれを立てて姿勢を保持します。
ホシセミホウボウ02 竹島水族館
ウチワのような大きな胸びれが特徴です。
ホシセミホウボウ03 竹島水族館
セミホウボウと異なり、吻が尖っています。
ホシセミホウボウ04 竹島水族館
体側後方に大きな白いうろこが並びます。
水流を整える機能があるのでしょうか?


スズキ  条鰭綱スズキ目スズキ科
Lateolabrax japonicus
スズキ01 竹島水族館
4~5㎝の幼魚です。
成魚は水族館のレギュラーメンバーですが、このサイズの幼魚を見かけるのはレアです。
スズキ02 竹島水族館
上の画像の個体と異なり黒斑が無い個体もいたため、ヒラスズキの幼魚も混じっている?と疑いましたが、背びれ軟条の数が13本程度なので、どちらもスズキで間違いないようです。


ボンボリカエルアンコウ  条鰭綱アンコウ目カエルアンコウ科
Antennarius hispidus
ボンボリカエルアンコウ01 竹島水族館
画像では確認できませんが、鼻先にあるルアーが一塊の羽毛状になっていて、円筒状で分岐するカエルアンコウとは異なります。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ
にほんブログ村

動物園・水族館・植物園ランキング
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Black Rhino

Author:Black Rhino
中学生の頃から、動物園・水族館に通い続ける動物好きのおっさんです。中途半端なホエールウォッチャーでもあり、バードウォッチャーでもあり、一応獣医師でもあり、日本さかな検定1級合格者でもあったりします。20年以上リクガメも飼い続けています。仕事と家庭を顧みながら、細々と趣味の「動物」に時間とお金を注ぎ込んでいます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR