FC2ブログ

ジャパンスネークセンター 03 セイブダイヤガラガラヘビ シンリンガラガラヘビ ヌママムシ 北米の毒ヘビたち

ジャパンスネークセンター 03

北米を代表する毒蛇のガラガラヘビとマムシの仲間を紹介します。

セイブダイヤガラガラヘビ  爬虫綱有隣目クサリヘビ科
Crotalus atrox
セイブダイヤガラガラヘビ01 ジャパンスネークセンター
米国南西部からメキシコ北部にかけて生息する大型で毒が強く攻撃的なガラガラヘビです。
グレー基調の個体です。
セイブダイヤガラガラヘビ02 ジャパンスネークセンター
威嚇時には、体をS字に曲げて身構え、尾の先端の発音器を持ち上げ細かく震わせます。
こちらは褐色味のある個体です。


シンリンガラガラヘビ  爬虫綱有隣目クサリヘビ科
Crotalus horridus
シンリンガラガラヘビ01 ジャパンスネークセンター
米国の東部から中部を経て南部まで生息する模様が美しいガラガラヘビです。
生息地の北部では、露岩のあるような林に、南部では竹林や湿地に生息しています。


ウスイロネッタイガラガラヘビ  爬虫綱有隣目クサリヘビ科
Crotalus simus culminatus
ウスイロネッタイガラガラヘビ01 ジャパンスネークセンター
メキシコ南西部に生息するネッタイガラガラヘビの亜種です。
南米産の別亜種は神経毒が強い特徴がありますが、この亜種はそれほど神経毒が強くありません。
ウスイロネッタイガラガラヘビ02 ジャパンスネークセンター
色が薄めで、首の黒い線が細いのが特徴です。


アメリカマムシ(カパーヘッド)  爬虫綱有隣目クサリヘビ科
Agkistrodon contortrix
アメリカマムシ01 ジャパンスネークセンター
アメリカ南西部からメキシコ北西部にかけて生息しています。
銅色の体色からカパーヘッドとも呼ばれています。
比較的毒が弱く、重症例は少ない種類です。
アメリカマムシ02 ジャパンスネークセンター
幼い顔をした幼蛇です。


ヌママムシ  爬虫綱有隣目クサリヘビ科
Agkistrodon piscivorus
ヌママムシ01 ジャパンスネークセンター
米国の東部から南部にかけて生息しています。
極めて太い胴と大きな頭を持つ半水生の毒蛇です。
マムシの仲間では最大になります。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ
にほんブログ村

動物園・水族館・植物園ランキング
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Black Rhino

Author:Black Rhino
中学生の頃から、動物園・水族館に通い続ける動物好きのおっさんです。中途半端なホエールウォッチャーでもあり、バードウォッチャーでもあり、一応獣医師でもあり、日本さかな検定1級合格者でもあったりします。20年以上リクガメも飼い続けています。仕事と家庭を顧みながら、細々と趣味の「動物」に時間とお金を注ぎ込んでいます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR