FC2ブログ

仙台うみの杜水族館 01 ヨシキリザメ 最も青く美しいサメ

仙台うみの杜水族館 01

昨年の10月ですが、ヨシキリザメの長期飼育に成功しているとの情報を得て
仙台うみの杜水族館を訪問しました。

ヨシキリザメ  軟骨魚綱メジロザメ目メジロザメ科
Prionace glauca
ヨシキリザメ 仙台うみの杜水族館
フカフレの原料となっているサメです。青い体色からヨシキリザメの英名は「Blue Shark」です。
別にアオザメというホホジロザメに近い仲間のサメがいますが、こちらの英名は「Shortfin mako」です。
ややこしい・・・。
画像の2個体が飼育日数記録を伸ばしていたのですが、残念ながら3月に相次いで死亡し252日と241日で
記録が止まりました。仙台うみの杜水族館の更なるチャレンジを期待します。


ギンザケ  条鰭綱サケ目サケ科
Oncorhynchus kisutsh
ギンザケ 仙台うみの杜水族館
宮城県の重要な養殖魚となっています。「金華ぎん」という名でブランド化されています


サケ(シロザケ)  条鰭綱サケ目サケ科
Oncorhynchus keta
サケ(シロザケ) 仙台うみの杜水族館
こちらがいわゆるサケです。
飼育展示されていた30㎝ぐらいのサイズだと、ギンザケには背にはっきりとした斑紋が入っていて
サケとギンザケの違いがよく分かり勉強になりました。


にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ
にほんブログ村

動物園・水族館・植物園ランキング
スポンサーサイト



東山動物園 01 コンドル コンドル コンドル!

東山動物園 01

先日、雨の東山動物園を訪問しました。
イケメンゴリラ「シャバーニ」に注目が集まるゴリラ舎の横で、ひっそりと飼育されている鳥達がいます。
アメリカ大陸代表 コンドル軍団 です。
東山動物園では、なんと4種ものコンドル(アンデスコンドル、トキイロコンドル、クロコンドル、ヒメコンドル)に
出会うことができます。そのうち3種類を紹介します。

トキイロコンドル  鳥綱タカ目コンドル科
Sarcoramphus papa
トキイロコンドル 東山動物園
一目見たら忘れないど派手な顔をしています。
現在、日本では飼育されているトキイロコンドルは、鹿児島の平川動物園と東山動物園の2個体のみらしい。
ぜひぜひ長生きしてほしい。


クロコンドル  鳥綱タカ目コンドル科
Coragyps atratus
クロコンドル 東山動物園
コスタリカの海岸で行われるヒメウミガメのアリバダ(集団産卵)がよく映像で紹介されますが、
その中でふ化して海に向かう子ガメをヒョコヒョコ歩いて襲っているのが、このクロコンドル
だったりします。一番地味な感じのコンドルです。


ヒメコンドル  鳥綱タカ目コンドル科
Cathartes aura
ヒメコンドル 東山動物園
真っ赤な顔が特徴です。酔っ払った中年男性のようです。
ただ、若鳥は顔が黒っぽいので一瞬クロコンドルと見間違えます。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ
にほんブログ村

動物園・水族館・植物園ランキング


美ら海水族館 01 美しきブダイ!

美ら海水族館 01

今年の1月、約10年ぶりに美ら海水族館を訪問しました。
美ら海水族館の主役は、ジンベイザメでもマンタでもオオメジロザメでもなくブダイだと勝手に思っています。
飼育されていた多くのブダイのうち、美しい雄相のブダイを3種類紹介します。

ヒブダイ 雄相  条鰭綱スズキ目ブダイ科
Scarus ghobban
ヒブダイ オス 美ら海水族館
雌相のヒブダイは、比較的他の水族館でも飼育されていて見かけますが、
こんなに立派な雄相のヒブダイには初めて出会いました。
さすが美ら海水族館。


イロブダイ 雄相    条鰭綱スズキ目ブダイ科
Cetoscarus bicolor
イロブダイ オス 美ら海水族館
ブダイの中では面長で独特の模様を持つ種類です。


オウムブダイ 雄相    条鰭綱スズキ目ブダイ科
Scarus psittacus
オウムブダイ オス 美ら海水族館
青、緑、ピンク、黄と美しいブダイを象徴する色合いです。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ
にほんブログ村

動物園・水族館・植物園ランキング


沖縄こどもの国 02 ワニ! クロコダイルもアリゲーターも

沖縄こどもの国 02

沖縄こどもの国では、ワニ4種類(シャムワニ、マレーガビアル、ミシシッピワニ、パラグアイカイマン)に出会うことができました。
そのうち3種類を紹介します。

マレーガビアル  爬虫綱ワニ目クロコダイル科
Tomistoma schlegelii
マレーガビアル 沖縄こどもの国
この個体は、下あごの先が欠けちゃっています。魚を捕るのが少し難しそうです。
熱川バナナワニ園の個体達も指が欠損していました。スレやケガに弱い種なのかもしれません。
当然、細いあごは強度がなく傷みやすいと思われますが・・・。別名ガビアルモドキ。


シャムワニ  爬虫綱ワニ目クロコダイル科
Crocodylus siamensis
シャムワニ 沖縄こどもの国
クロコダイルの中では、個体差はありますがやや幅広で短めのガッチリとした感じのあごを持つ種類です。
ワニ農園の繁殖場でイリエワニと交雑してしまい純粋なシャムワニは少ないかも?と言われています。


パラグアイカイマン  爬虫綱ワニ目アリゲーター科
Caiman yacare
パラグアイカイマン 沖縄こどもの国
昔はメガネカイマンとともに動物園等でよく見かけた種類と記憶しているのですが、最近は珍しくなったかもしれません。
よく似たメガネカイマンと異なり下あごに斑紋が入るのですが、この個体は老齢?によるのか斑紋がかなり不明瞭です。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ
にほんブログ村

動物園・水族館・植物園ランキング


沼津港深海水族館 01 ナツシマチョウジャゲンゲ生体展示!

沼津港深海水族館 01

2009年に相模湾沖で発見され新種登録されて以来、見つかっていない深海魚ナツシマチョウジャゲンゲが
展示されたとの情報を得て、先月、沼津港深海水族館を訪問しました。


ナツシマチョウジャゲンゲ  条鰭綱スズキ目ゲンゲ科
Andriashevia natsushimae
ナツシマチョウジャゲンゲ 沼津港深海水族館
生きた状態で水族館に展示されるのはおそらく世界初。
ウナギやアナゴよりも、足の退化したトカゲを連想させる風貌です。
想像よりもかわいらしい魚でした。


カニハゼ  条鰭綱スズキ目ハゼ科
Signigobius biocellatus
カニハゼ 沼津港深海水族館
背びれの黒斑が特徴的な小さなハゼ。


アヤメカサゴ  条鰭綱スズキ目メバル科
Sebastiscus albofasciatus
アヤメカサゴ 沼津港深海水族館
派手な色合いのとても美しいカサゴ。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ
にほんブログ村

動物園・水族館・植物園ランキング

沖縄こどもの国 01 オオコウモリ観察

沖縄こどもの国 01

今年の1月に沖縄こどもの国どうぶつえんを訪問しました。
ここでは、クビワオオコウモリ(Pteropus dasymallus)の3亜種に出会うことができました。


ダイトウオオコウモリ  哺乳綱コウモリ目(翼手目)オオコウモリ科
Pteropus dasymallus daitoensis
ダイトウオオコウモリ 沖縄こどもの国
ダイトウオオコウモリは3亜種の中で、首回りが最も白く識別がしやすかったです。
画像の個体は、腕を骨折していて保護された個体です。


ヤエヤマオオコウモリ  哺乳綱コウモリ目(翼手目)オオコウモリ科
Pteropus dasymallus yayeyamae
ヤエヤマオオコウモリ 沖縄こどもの国
画像の個体は、沖縄こどもの国では1頭しか飼育されていない唯一のヤエヤマオオコウモリです。
高齢のためバックヤードの暖かい場所に避難していたのですが、飼育員の方の配慮で特別に見ることができました。
オオコウモリ担当の飼育員様、この時は親切にしていただきありがとうございます。


オリイオオコウモリ  哺乳綱コウモリ目(翼手目)オオコウモリ科
Pteropus dasymallus inopinatus
オリイオオコウモリ 沖縄こどもの国
沖縄本島に生息する亜種で、最も多く飼育され繁殖もしています。
正直、オリイオオコウモリとヤエヤマオオコウモリの見た目の違いは分かりませんでした。
過去にこの動物園を訪問した際、野生のオリイオオコウモリも園内で観察することができました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ
にほんブログ村

動物園・水族館・植物園ランキング

ごあいさつ

最近訪問した動物園・水族館の動物について、過去に訪問した動物園・水族館の
動物について、画像中心にお知らせしていけたらと思っています。
よろしくお願いします。


ニシローランドゴリラ
Gorilla gorilla gorilla
ニシローランドゴリラ リッキー東山H14
在りし日のリッキー 東山動物園で撮影

にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ
にほんブログ村

動物園・水族館・植物園ランキング
プロフィール

Black Rhino

Author:Black Rhino
中学生の頃から、動物園・水族館に通い続ける動物好きのおっさんです。中途半端なホエールウォッチャーでもあり、バードウォッチャーでもあり、一応獣医師でもあり、日本さかな検定1級合格者でもあったりします。20年以上リクガメも飼い続けています。仕事と家庭を顧みながら、細々と趣味の「動物」に時間とお金を注ぎ込んでいます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR