FC2ブログ

琵琶湖博物館 11 イタセンパラ ゼニタナゴ ミヤコタナゴ 日本各地の稀少なタナゴたち

琵琶湖博物館 11

琵琶湖博物館の国産魚展示コーナーの最後で出会える稀少なタナゴたちを紹介します。

イタセンパラ  条鰭綱コイ目コイ科
Acheilognathus longipinnis
イタセンパラ01 琵琶湖博物館
ヘラブナのように背中が盛り上がった大きなオス個体です。
他の水族館では出会えないカネヒラに近いサイズの立派な個体でした。
淀川水系・濃尾平野・富山平野に生息しています。
イタセンパラ02 琵琶湖博物館
メス個体です。
秋産卵のタナゴです。


ゼニタナゴ  条鰭綱コイ目コイ科
Acheilognathus typus
ゼニタナゴ01 琵琶湖博物館
オス個体がひれを広げて威嚇し合っています。
関東から東北地方にかけて生息しています。
ゼニタナゴ02 琵琶湖博物館
眼が痛んでいる個体ですが、秋産卵のタナゴで控え目な婚姻色が出ています。
ゼニタナゴ03 琵琶湖博物館
産卵管が確認できるメス個体です。
タナゴの中にあって、うろこが小さいのが特徴です。


アカヒレタビラ  条鰭綱コイ目コイ科
Acheilognathus tabira erythropterus
アカヒレタビラ01 琵琶湖博物館
オス個体です。
関東・東北地方の一部の主に河川の下流域に生息しています。
アカヒレタビラ02 琵琶湖博物館
メス個体です。


ミヤコタナゴ  条鰭綱コイ目コイ科
Tanakia tanago
ミヤコタナゴ01 琵琶湖博物館
オレンジ色が美しいオス個体です。
関東地方に生息していますが、近年激減しています。
ミヤコタナゴ02 琵琶湖博物館
メス個体です。


ニッポンバラタナゴ  条鰭綱コイ目コイ科
Rhodeus ocellatus kurumeus
ニッポンバラタナゴ01 琵琶湖博物館
繊細に発色して美しいオス個体です。
近畿地方以西の本州・四国・九州に生息していましたが、各地でタイリクバラタナゴとの交雑が進み、現在では大阪平野と香川県、九州の一部で確認されるのみとなりました。
ニッポンバラタナゴ02 琵琶湖博物館
メス個体です。

カゼトゲタナゴ  条鰭綱コイ目コイ科
Rhodeus smithii smithii
カゼトゲタナゴ01 琵琶湖博物館
お腹が黒くなるオス個体です。
九州北部のみに生息しています。
カゼトゲタナゴ02 琵琶湖博物館
メス個体です。
平野部の小川や水路に住む小型種です。


カゼトゲタナゴ(山陽個体群)  条鰭綱コイ目コイ科
Rhodeus smithii smithii
カゼトゲタナゴ(山陽個体群)01 琵琶湖博物館
オス個体です。
岡山県を中心とする山陽地方の水路に生息しています。
カゼトゲタナゴ(山陽個体群)02 琵琶湖博物館
メス個体です。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ
にほんブログ村

動物園・水族館・植物園ランキング
スポンサーサイト



琵琶湖博物館 10 シュカ(ノーザンパイク) オークニ(ヨーロピアンパーチ) オームリ バイカル湖水槽の魚たち

琵琶湖博物館 10

バイカル湖水槽では、いぶし銀の渋い魚たちに出会うことが出来ました。

シュカ(ノーザンパイク)  条鰭綱カワカマス目カワカマス科
Esox lucius
シュカ(ノーザンパイク)01 琵琶湖博物館
ヨーロッパ、シベリア、北米など北半球の河川や湖沼に広く生息しています。
特定外来生物に指定されており、環境省の許可を取って飼育されていました。
シュカ(ノーザンパイク)02 琵琶湖博物館
大型になる肉食魚で、迫力の口で餌となる魚を捕らえます。
シュカ(ノーザンパイク)03 琵琶湖博物館
臆病な個体で、水槽の端の死角になるところで普段はジッとしていて、なかなか姿を見せてくれませんでした。
「先代の大きめの個体が同居する魚たちを攻撃するようになったので、画像の小さめの個体と最近入れ替えたところ。まだ水槽内の地位が低くビビっている状態だが、将来は強くなる。」と飼育員さんに教えてもらいました。


オークニ(ヨーロピアンパーチ)  条鰭綱スズキ目パーチ科
Perca fluviatilis
オークニ(ヨーロピアンパーチ)01 琵琶湖博物館
ヨーロッパからシベリアにかけて生息しています。
暗色の横帯と燈色のひれがオシャレです。
オークニ(ヨーロピアンパーチ)02 琵琶湖博物館
日本では特定外来生物に指定されています。
白いリボン状の卵塊を生むのが特徴です。


ヴォストチュニュイ レッシュ  条鰭綱コイ目コイ科
Abramis brama orientalis
ヴォストチュニュイ レッシュ01 琵琶湖博物館
シベリアからヨーロッパの河川の河口域や湖岸の湾入部など比較的静かな水域に生息しています。
追星の出ているオス個体です。
ヴォストチュニュイ レッシュ02 琵琶湖博物館
こちらはメス個体と思われます。
ギンブナのような動きで下を向いて突き出す口で。主に底生生物を食べているようです。


ゴリヤン  条鰭綱コイ目コイ科
Phoxinus phoxinus
ゴリヤン01 琵琶湖博物館
ユーラシア大陸の冷・温帯域に広く分布しています。
ゴリヤン02 琵琶湖博物館
バイカル湖では湖岸の浅場で、ヨコエビやイトミミズなどの小動物を食べているようです。


オームリ  条鰭綱サケ目サケ科
Coregonus migratorius
オームリ01 琵琶湖博物館
バイカル湖の固有種です。
バイカル湖で最も漁獲量が多く、近年は釣りの対象魚にもなっています。


ハリウス(グレイリング)  条鰭綱サケ目サケ科
Thymallus arcticus baicalensis
ハリウス01 琵琶湖博物館
展示が終了したようで、昨年の訪問時には飼育されていたのですが今回は残念ながら出会えませんでした。
バイカル湖の固有亜種になります。大きな背びれが特徴です。
バイカル湖では最も美味な魚とされていますが、近年は漁獲量が減っているようです。


ジェルトクルィラーヤ シロコロブカ(バイカル イエローフィン)  条鰭綱スズキ目カジカ科
Cottocomephorus grewingkii
ジェルトクルィラーヤ シロコロブカ01 琵琶湖博物館
こちらも展示が終了したようで、今回は出会えませんでした。
バイカル湖の固有種です。大きな胸びれが特徴で、半遊泳性のカジカの仲間になります。
ジェルトクルィラーヤ シロコロブカ02 琵琶湖博物館
3月と5月それに8月頃に産卵する個体群の存在が知られているようです。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ
にほんブログ村

動物園・水族館・植物園ランキング

琵琶湖博物館 09 タンガニーカシクリッド

琵琶湖博物館 09

琵琶湖博物館のタンガニーカ湖水槽で出会えたシクリッドたちを紹介します。

アウロノクラヌス デウィンディ  条鰭綱スズキ目カワスズメ科(シクリッド科)
Aulonocranus dewindti
アウロノクラヌス デウィンディ01 琵琶湖博物館
光沢のある黄色と青の縦縞が見られるオス個体です。
アウロノクラヌス デウィンディ02 琵琶湖博物館
腹びれが特に長いオス個体です。
アウロノクラヌス デウィンディ03 琵琶湖博物館
全体に暗い銀色をしているメス個体です。


ネオランプロローグス モーリー  条鰭綱スズキ目カワスズメ科(シクリッド科)
Neolamprologus moorii
ネオランプロローグス モーリー01 琵琶湖博物館
タンガニーカ湖の南半分の岩場に生息しています。
ネオランプロローグス モーリー02 琵琶湖博物館
黒みの強い成熟したオス個体でしょうか。


レピディオランプロローグス アテヌアータス  条鰭綱スズキ目カワスズメ科(シクリッド科)
Lepidolamprologus attenuatus
レピディオランプロローグス アテヌアータス01 琵琶湖博物館
石の裏や巻き貝の中に産卵し保育します。


ジュリドクロミス マルリエリ  条鰭綱スズキ目カワスズメ科(シクリッド科)
Julidochromis marlieri
ジュリドクロミス マルリエリ01 琵琶湖博物館
岩場に生息しています。ジュリドクロミス属の中で最も大きくなる種の一つです。


オレオクロミス タンガニカエ  条鰭綱スズキ目カワスズメ科(シクリッド科)
Oreochromis tanganicae
オレオクロミス タンガニカエ01 琵琶湖博物館
口内保育のため下あごが膨らんだ感じのメス個体です。
オレオクロミス タンガニカエ02 琵琶湖博物館
おとなしい色合いのメス個体です。
派手なオス個体は水槽中央に来てくれなくてまともな写真を撮らせてくれませんでした。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ
にほんブログ村

動物園・水族館・植物園ランキング

琵琶湖博物館 08 シロコロブカ バイカル湖のカジカたち

琵琶湖博物館 08

琵琶湖と同じく古代湖と言われるロシアのバイカル湖のカジカたちを紹介します。

ボリシャーヤ シロコロブカ  条鰭綱スズキ目アビッソコッタス科
Procottus major
ボリシャーヤ シロコロブカ01 琵琶湖博物館
バイカル湖の固有種で、沖合の深場に広く分布しています。全長30㎝でやや大型です。
湖底に穴を掘って潜み、付近を通りかかった小動物を捕食します。
ボリシャーヤ シロコロブカ02 琵琶湖博物館
標準的な赤っぽい個体です。大あくび中です。
ボリシャーヤ シロコロブカ03 琵琶湖博物館
第一背びれの後半に黒斑が入るのが特徴です。
もやっとした虫食い模様が入ります。
ボリシャーヤ シロコロブカ04 琵琶湖博物館
最初は別種だと思い込んでいたかなり黒っぽい個体です。
ボリシャーヤ シロコロブカ05 琵琶湖博物館
こちらは、地色がかなり明るい白っぽい個体です。
ボリシャーヤ シロコロブカ06 琵琶湖博物館
白っぽいぼやけた模様の個体で、色合いや模様の出方にかなり個体差があるようです。


バイカリスカーヤ ボリシェゴロヴァーヤ シロコロブカ  条鰭綱スズキ目カジカ科
Batrachocottus baicalensis
バイカリスカーヤ ボリシェゴロヴァーヤ シロコロブカ01 琵琶湖博物館
バイカル湖の固有種です。大きな頭を持つことが特徴です。全長20㎝です。
バイカリスカーヤ ボリシェゴロヴァーヤ シロコロブカ02 琵琶湖博物館
沿岸帯に生息するヨコエビから貝まで様々な生き物を補食しています・
バイカリスカーヤ ボリシェゴロヴァーヤ シロコロブカ03 琵琶湖博物館
顔の印象から「バイカリスカーヤ ボリシェゴロヴァーヤ シロコロブカ」種と判断しましたが、小型で「カメンナーヤ シロコロブカ」種かも?と思われた個体です。判別に自信がありません。


カメンナーヤ シロコロブカ  条鰭綱スズキ目カジカ科
Paracottus knerii
カメンナーヤ シロコロブカ01 琵琶湖博物館
バイカル湖とその周辺水域に分布しています。全長12㎝の比較的小型の種類です。
カメンナーヤ シロコロブカ02 琵琶湖博物館
湖内では比較的浅い沿岸部に生息しヨコエビなどの小動物を食べています。
カメンナーヤ シロコロブカ03 琵琶湖博物館
日本の河川に生息するカジカ類に似た印象を受けます。


ペスチャナーヤ シロコロブカ  条鰭綱スズキ目カジカ科
Leocottus kesslerii
ペスチャナーヤ シロコロブカ01 琵琶湖博物館
バイカル湖とその周辺水域の水深70mまでの比較的浅いに分布しています。全長12㎝の比較的小型の種類です。
ペスチャナーヤ シロコロブカ02 琵琶湖博物館
目が比較的上方に飛び出さない扁平な顔付きが特徴です。浮遊するとウキゴリのようです。
ペスチャナーヤ シロコロブカ03 琵琶湖博物館
砂地を好み、目だけ出して砂に潜る習性があります。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ
にほんブログ村

動物園・水族館・植物園ランキング

琵琶湖博物館 07 マラウィシクリッド その2

琵琶湖博物館 07

琵琶湖博物館のマラウィ湖水槽で出会えた主流のシクリッドたちを紹介します。

コパディクロミス アズレウス  条鰭綱スズキ目カワスズメ科(シクリッド科)
Copadichromis azureus
コパディクロミス アズレウス01 琵琶湖博物館
金属光沢を伴う深い青色が極美のオス個体です。
コパディクロミス アズレウス02 琵琶湖博物館
気分が乗っていないのか青の発色が中途半端なオス個体です。
コパディクロミス アズレウス03 琵琶湖博物館
横縞と黒斑が確認できる地味なメス個体です。


スキアエノクロミス フライエリー  条鰭綱スズキ目カワスズメ科(シクリッド科)
Sciaenochromis fryeri
スキアエノクロミス フライエリー01 琵琶湖博物館
メタリックブルーが美しく輝く、ご存じ「アーリー」のオス個体です。


ラピドクロミス カエルレウス  条鰭綱スズキ目カワスズメ科(シクリッド科)
Labidochromis caeruleus
ラピドクロミス カエルレウス01 琵琶湖博物館
黄色の体色に背びれとの黒ラインが映えるマラウィシクリッドのレギュラーメンバーです。


キルトカラ モーリー  条鰭綱スズキ目カワスズメ科(シクリッド科)
Cyrtocara moorii
キルトカラ モーリー01 琵琶湖博物館
丸いおでこが特徴的な主力のマラウィシクリッドです。
キルトカラ モーリー02 琵琶湖博物館
比較的おでこの出っ張りが目立つオス個体でしょうか?

にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ
にほんブログ村

動物園・水族館・植物園ランキング
プロフィール

Black Rhino

Author:Black Rhino
中学生の頃から、動物園・水族館に通い続ける動物好きのおっさんです。中途半端なホエールウォッチャーでもあり、バードウォッチャーでもあり、一応獣医師でもあり、日本さかな検定1級合格者でもあったりします。20年以上リクガメも飼い続けています。仕事と家庭を顧みながら、細々と趣味の「動物」に時間とお金を注ぎ込んでいます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR