FC2ブログ

市立室蘭水族館 01 ミカドチョウザメ ギンダラ アブラボウズ 昔の記憶

市立室蘭水族館 01

最近、チョウザメの洋書を手に入れたところで、昔、室蘭水族館でミカドチョウザメに出会ったことを
思い出しました。
平成4年8月にアブラボウズ観察が目的で訪問したのですが、ミカドチョウザメやギンダラなど貴重な魚にも
遭遇していました。

ミカドチョウザメ  条鰭綱チョウザメ目チョウザメ科
Acipenser (medirostris) mikadoi
ミカドチョウザメ 市立室蘭水族館
明治時代までは、北海道の河川を遡上し産卵していました。現在、日本国内では絶滅種扱いになっています。
この当時は、まだこのチョウザメの希少性を分かっていませんでした。


ニシン  条鰭綱ニシン目ニシン科
Clupea pallasii
ニシン 市立室蘭水族館
北海道を代表する魚の一つです。卵巣が数の子になります。


サメガレイ  条鰭綱カレイ目カレイ科
Clidoderma asperrimum
サメガレイ 市立室蘭水族館
写真の質が悪くて、体表の特徴的なイボがしっかり確認できません。すいません。


ギンダラ  条鰭綱スズキ目ギンダラ科
Anoplopoma fimbria
ギンダラ 市立室蘭水族館
魚屋さんで切り身には出会うけれど、水族館で生体にはなかなか出会えない魚です。


アブラボウズ  条鰭綱スズキ目ギンダラ科
Erilepis zonifer
アブラボウズ1 市立室蘭水族館
室蘭水族館の看板魚です。最近は、各地の水族館で出会えるようになりました。
アブラボウズ2 市立室蘭水族館
名前の通り、脂肪分が多くて食べ過ぎると下痢になると言われています。
アブラボウズ3 市立室蘭水族館
このとき室蘭水族館で初めてアブラボウズに出会いました。
大きな個体が5尾程度展示されていて驚きでした。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ
にほんブログ村

動物園・水族館・植物園ランキング
スポンサーサイト



プロフィール

Black Rhino

Author:Black Rhino
中学生の頃から、動物園・水族館に通い続ける動物好きのおっさんです。中途半端なホエールウォッチャーでもあり、バードウォッチャーでもあり、一応獣医師でもあり、日本さかな検定1級合格者でもあったりします。20年以上リクガメも飼い続けています。仕事と家庭を顧みながら、細々と趣味の「動物」に時間とお金を注ぎ込んでいます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR