FC2ブログ

神戸市立王子動物園 17 ウマグマ ホッキョクグマ 猛暑の中のクマたち

神戸市立王子動物園 17

猛暑の中でも活動的な姿を見せてくれたクマたちを紹介します。

ウマグマ  哺乳綱ネコ目(食肉目)クマ科
Ursus arctos pruinosus
ウマグマ03 王子動物園
1990年1月生まれで中国の天津市動物園から来園したメス「マー」さんです。
ウマグマ04 王子動物園
暑さ対策のため?に滝のように水が流された放飼場を歩き回っていました。
ウマグマ05 王子動物園
ガラス面にも近寄ってきてくれました。写り込みが激しい写真ですいません。
ウマグマ06 王子動物園
ガラス際で上半身を上下させる動きを見せていました。


エゾヒグマ  哺乳綱ネコ目(食肉目)クマ科
Ursus arctos yesoensis
エゾヒグマ01 王子動物園
1992年1月20日生まれのオス「ロクジ」さんです。比較的暗色で手足の長い個体です。
エゾヒグマ02 王子動物園
1992年1月28日生まれのメス「サトエ」さんです。顔がゴールデンです。


ホッキョクグマ  哺乳綱ネコ目(食肉目)クマ科
Ursus maritimus
ホッキョクグマ ミユキ03 王子動物園
照りつける日差しの中で、暑そうにしている「みゆき」さんです。
ホッキョクグマ ミユキ04 王子動物園
白が美しく映えています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ
にほんブログ村

動物園・水族館・植物園ランキング
スポンサーサイト



神戸市立王子動物園 16 宮崎から妊活でやってきたアジアゾウの「みどり」さん

神戸市立王子動物園 16

「マック」とのペアリングのために宮崎から神戸にやってきた「みどり」さんを紹介します。

アジアゾウ(インドゾウ) みどり  哺乳綱ゾウ目(長鼻目)ゾウ科
Elephas maximus indicus
インドゾウ ミドリ01 王子動物園
2000年10月9日にタイで生まれ、2018年7月11日宮崎市フェニックス自然動物園からやってきた
メス「みどり」さんです。
インドゾウ ミドリ02 王子動物園
壁の横のパネルを押すと水が出てくる神戸ルールを既に学習しています。
インドゾウ ミドリ03 王子動物園
猛暑の中で水分補給です。
インドゾウ ミドリ04 王子動物園
餌やりの時間となり、フェニックス自然動物園の飼育員さんがスマホを片手に心拍数(脈拍数)?を
確認しているようでした。
インドゾウ ミドリ05 王子動物園
「みどり」さんに座れの指示を出しました。
インドゾウ ミドリ06 王子動物園
右耳の裏の血管から採血中です。
インドゾウ ミドリ07 王子動物園
採決後、血液の振り分けや血清を分離させるための作業を行っているようでした。
健康管理のための血液検査と発情期を見極めるための血中のホルモン測定?を実施していると
思われます。
インドゾウ ミドリ08 王子動物園
更に横に寝転がるよう指示が出ました。
インドゾウ ミドリ09 王子動物園
勢い余って右後肢が跳ね上がります。
後ろで「みどり」さんの様子が気になる「マック」が見つめています。
インドゾウ ミドリ10 王子動物園
陰部の様子を撮影し、発情の兆候を確認しているようでした。
インドゾウ ミドリ11 王子動物園
一通りの作業が終わり、美味しそうに乾草を食べている「みどり」さんでした。
飼育員さんは10mまで測れる巻き尺を持ち歩いているようで、ノートには、胸囲363㎝、腹囲435㎝、
右の牙の長さ15㎝牙周囲12㎝と記入されていました。
宮崎市フェニックス自然動物園から2名の飼育員さんが「みどり」に付き添っているようで、
放飼場での行動観察を含め、細かく気を配っている様子でした。
最長で2019年6月まで神戸に滞在する予定とのことですが、上手く妊娠して宮崎に帰って頂きたいと
思います。

アジアゾウ(インドゾウ) マック  哺乳綱ゾウ目(長鼻目)ゾウ科
Elephas maximus indicus
インドゾウ マック03 王子動物園
右前肢の爪先に保護のクリームを塗ってもらっている「マック」さんです。
インドゾウ マック04 王子動物園
足のケアが終わり、ご褒美のバナナを鼻で受け取っています。
長い牙が邪魔そうです。
インドゾウ マック05 王子動物園
寝室の扉が開いて放飼場に出動です。
放飼場では、絶えず「みどり」さんのことを気にしていて期待大です。
頑張れ「マック」。

アジアゾウ(インドゾウ) ズゼ  哺乳綱ゾウ目(長鼻目)ゾウ科
Elephas maximus indicus
インドゾウ ズゼ12 王子動物園
こちらは「マック」の正妻?の「ズゼ」さんです。
のんびり草を食べていました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ
にほんブログ村

動物園・水族館・植物園ランキング

神戸市立王子動物園 15 シベリアオオヤマネコの「アル」と「ベル」

神戸市立王子動物園 15

約1年前の訪問時には、ほとんど姿を見せてくれなかったシベリアオオヤマネコですが、
今回は2頭とも顔を拝むことが出来ました。

シベリアオオヤマネコ  哺乳綱ネコ目(食肉目)ネコ科
Lynx lynx
シベリアオオヤマネコ アル01 王子動物園
2014年3月18日にラトビア共和国リガ動物園で生まれ、2016年12月に来園したオス「アル」さんです。
シベリアオオヤマネコ アル02 王子動物園
猛暑の中、風が抜ける放飼場の高い位置で休憩中です。
シベリアオオヤマネコ アル03 王子動物園
ちょっとやせ気味でボヤッとした毛並みです。
飼育員さんのお話だともうちょっと太らせて状態を上げていきたいとのことです。
シベリアオオヤマネコ アル04 王子動物園
マーキングを兼ねて、放飼場の中央で放尿中です。
シベリアオオヤマネコ ベル01 王子動物園
2014年5月31日にラトビア共和国リガ動物園で生まれ、2016年12月に来園したメス「ベル」さんです。
シベリアオオヤマネコ ベル02 王子動物園
舌で鼻を掃除中です。
シベリアオオヤマネコ ベル03 王子動物園
斜めから見るとものすごく美人です。
シベリアオオヤマネコ ベル04 王子動物園
立派な体格で立ち姿も美しいです。
シベリアオオヤマネコ ベル05 王子動物園
オスの「アル」よりも、「ベル」さんのほうがふっくらしていて毛並みもきれいで、状態が良く
仕上がっていると飼育員さんがおっしゃっていました。
シベリアオオヤマネコ ベル06 王子動物園
さすがの身体能力です。岩の上から音も立てずにしなやかに着地しました。
シベリアオオヤマネコ ベル07 王子動物園
飼育員さんのちょっかいに威嚇で応える「ベル」さんです。
実際のところは、そんなに怒っているわけではなく挨拶している感じのようです。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ
にほんブログ村

動物園・水族館・植物園ランキング

神戸市立王子動物園 14 インドゾウ ズゼの公開トレーニングと旦那のマック

神戸市立王子動物園 14

インドゾウ「結希」の母「ズゼ」さんの公開トレーニングの様子 と 父「マック」さんを紹介します。

アジアゾウ(インドゾウ) ズゼ  哺乳綱ゾウ目(長鼻目)ゾウ科
Elephas maximus indicus
インドゾウ ズゼ1 王子動物園
1990年4月5日生まれで、1996年9月3日にラトビア共和国リガ動物園より来園したメス「ズゼ」さんです。
インドゾウ ズゼ2 王子動物園
トレーニングが始まりました。左の足を上げています。
インドゾウ ズゼ3 王子動物園
手かぎを使って指示を出し、重い体を支える足の裏に異常が無いかチェックしています。
インドゾウ ズゼ4 王子動物園
前足を折って座る準備をしています。
インドゾウ ズゼ5 王子動物園
号令に従って腹ばいになり伏せています。
インドゾウ ズゼ6 王子動物園
上手にお座りもできます。
インドゾウ ズゼ7 王子動物園
トレーニングの仕上げにオイルで足のお手入れをしていました。
インドゾウ ズゼ8 王子動物園
王子動物園の放飼場には、水飲み兼シャワーとなる放水機器が設置されています。
インドゾウ ズゼ9 王子動物園
水を出したいときは、擬木の途中にあるスイッチを「ズゼ」さん自らの鼻で押します。
インドゾウ ズゼ10 王子動物園
ご機嫌で水を飲んでいます。
インドゾウ ズゼ11 王子動物園
水を飲みながら脱糞もしている最中です。スッキリしたでしょうか。


アジアゾウ(インドゾウ) マック  哺乳綱ゾウ目(長鼻目)ゾウ科
Elephas maximus indicus
インドゾウ マック1 王子動物園
1992年6月13日生まれで、1995年3月24日にスイスのキンダーガーデン動物園より来園したオス「マック」さんです。
立派な牙が生えています。
インドゾウ マック2 王子動物園
左の牙は途中で折れて短くなっています。右の牙に鼻を乗せて楽してます。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ
にほんブログ村

動物園・水族館・植物園ランキング

神戸市立王子動物園 13 シロフクロウ キジの仲間 フラミンゴの仲間 神戸の鳥たち

神戸市立王子動物園 13

王子動物園で出会えた、ちょっと目立たないけどしっかり飼育されている鳥たちを紹介します。

シロフクロウ  鳥綱フクロウ目フクロウ科
Nyctea scandiacus
シロフクロウ オス 王子動物園
ハリーポッターで有名になった北極圏に住むフクロウです。こちらは真っ白のオス個体です。
シロフクロウ メス 王子動物園
こちらは、メス個体です。黒のウロコ模様が入ります。
シロフクロウ ヒナ1 王子動物園
繁殖に成功していて、この時綿毛のヒナを観ることができました。
シロフクロウ ヒナ2 王子動物園
末っ子のヒナと思われます。手前にいる個体より明らかに小さいです。
実際、野生では先に孵化した兄姉に押しのけられて餌をもらえず成長するのは難しいと思われます。


オジロワシ  鳥綱タカ目タカ科
Haliaeetus albicilla
オジロワシ 王子動物園
内陸に住むイヌワシなどに比べておっとりした雰囲気の海ワシです。


ニジキジ  鳥綱キジ目キジ科
Lophophorus impejanus
ニジキジ オス 王子動物園
ヒマラヤに住むキジの仲間です。妖しく七色に光るオス個体です。
ニジキジ メス 王子動物園
こちらはメス個体です。地味ですが、眼の周囲の水色が美しいです。


ハッカン  鳥綱キジ目キジ科
Lophura nycthemera
ハッカン オス1 王子動物園
白い背中が印象的なオス個体です。
ハッカン オス2 王子動物園
顔は真っ赤です。インドシナ半島に生息します。
ハッカン メス 王子動物園
地味なメス個体ですが、眼の周囲と足は朱色です。


カンムリヅル  鳥綱ツル目ツル科
Balearica pavonina
カンムリヅル 王子動物園
近縁のホオジロカンムリヅルは動物園でよく飼育されていますが、カンムリヅルはあまり見かけません。
アフリカの中央~西部にかけて生息します。木の枝に止まることのできるツルです。


ベニイロフラミンゴ  鳥綱フラミンゴ目フラミンゴ科
Phoenicopterus ruber
ベニイロフラミンゴ 王子動物園
フラミンゴの繁殖には定評のある王子動物園です。卵が見えています。


ヨーロッパフラミンゴ  鳥綱フラミンゴ目フラミンゴ科
Phoenicopterus roseus
ヨーロッパフラミンゴ 王子動物園
かわいいヒナがマウンド状の巣にうずくまっていました。
ヨーロッパフラミンゴ ベニイロフラミンゴ 王子動物園
繁殖が順調で多くの個体が飼育されています。


エミュー  鳥綱ダチョウ目エミュー科
Dromaius novaehollandiae
エミュー 王子動物園
ダチョウほど眼が大きくありません。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ
にほんブログ村

動物園・水族館・植物園ランキング
プロフィール

Black Rhino

Author:Black Rhino
中学生の頃から、動物園・水族館に通い続ける動物好きのおっさんです。中途半端なホエールウォッチャーでもあり、バードウォッチャーでもあり、一応獣医師でもあり、日本さかな検定1級合格者でもあったりします。20年以上リクガメも飼い続けています。仕事と家庭を顧みながら、細々と趣味の「動物」に時間とお金を注ぎ込んでいます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR