FC2ブログ

美ら海水族館 20 シテンチョウチョウウオ ユウゼン レモンチョウチョウウオ 美ら海のチョウチョウウオたち

美ら海水族館 20

美ら海水族館で出会えた水槽の華チョウチョウウオたちを紹介します。

シテンチョウチョウウオ  条鰭綱スズキ目チョウチョウウオ科
Chaetodon quadrimaculatus
シテンチョウチョウウオ01 美ら海水族館
体側上半は暗色で、白色斑が2つあるのが特徴です。
シテンチョウチョウウオ02 美ら海水族館
日本では沖縄よりも小笠原に多くみられるようです。


ユウゼン  条鰭綱スズキ目チョウチョウウオ科
Chaetodon daedalma
ユウゼン01 美ら海水族館
日本固有種で、色彩が美しくて観賞魚として世界的に人気があるチョウチョウウオです。
ユウゼン02 美ら海水族館
展示されている個体は、葛西臨海水族園と異なり小笠原産ではなく大東島産のようです。


レモンチョウチョウウオ  条鰭綱スズキ目チョウチョウウオ科
Chaetodon semeion
レモンチョウチョウウオ01 美ら海水族館
日本の珊瑚礁域ではなかなか見られない濃い黄色のチョウチョウウオです。
レモンチョウチョウウオ02 美ら海水族館
頭部に薄らと青色部があるのが特徴です。


クラカケチョウチョウウオ  条鰭綱スズキ目チョウチョウウオ科
Chaetodon adiergastos
クラカケチョウチョウウオ01 美ら海水族館
フィリピン周辺で多く見られ、眼の特徴的な模様からパンダバタフライフィッシュと呼ばれています。


シチセンチョウチョウウオ  条鰭綱スズキ目チョウチョウウオ科
Chaetodon punctatofasciatus
シチセンチョウチョウウオ01 美ら海水族館
黒点の中に暗色の横帯が7~8本入るチョウチョウウオです。


カガミチョウチョウウオ  条鰭綱スズキ目チョウチョウウオ科
Chaetodon argentatus
カガミチョウチョウウオ01 美ら海水族館
白黒2色で、網目模様と3本の黒色帯が特徴的なチョウチョウウオです。


ミカドチョウチョウウオ  条鰭綱スズキ目チョウチョウウオ科
Chaetodon baronessa
ミカドチョウチョウウオ01 美ら海水族館
体高があり、黄色の横縞が高貴な感じを醸し出しているチョウチョウウオです。


オニハタタテダイ  条鰭綱スズキ目チョウチョウウオ科
Heniochus monoceros
オニハタタテダイ01 美ら海水族館
額の突起が目立つ大型ハタタテダイです。


ミナミハタタテダイ  条鰭綱スズキ目チョウチョウウオ科
Heniochus chrysostomus
ミナミハタタテダイ01 美ら海水族館
石サンゴのポリプを食べるハタタテダイです。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ
にほんブログ村

動物園・水族館・植物園ランキング
スポンサーサイト



わんぱーくこうちアニマルランド 02 ホオジロエボシドリ アカショウビン カラスバト 高知の気になる鳥たち

わんぱーくこうちアニマルランド 02

鳥の展示が充実しているわんぱーくこうちアニマルランドで気になった種を紹介します。

ホオジロエボシドリ  鳥綱カッコウ目エボシドリ科
Tauraco leucotis
ホオジロエボシドリ01 わんぱーくこうちアニマルランド
北東アフリカの標高2,000~3,000mの高地に生息しています。
頬の白斑が可愛らしいエボシドリです。
ホオジロエボシドリ02 わんぱーくこうちアニマルランド
わんぱーくこうちアニマルランドでは、繁殖に成功しています。


カンムリシロムク  鳥綱スズメ目ムクドリ科
Leucopsar rothschildi
カンムリシロムク01 わんぱーくこうちアニマルランド
インドネシアのバリ島の絶滅しかけたムクドリです。


ヒオドシジュケイ  鳥綱キジ目キジ科
Tragopan satyra
ヒオドシジュケイ01 わんぱーくこうちアニマルランド
ヒマラヤ山系に生息する最も大きなジュケイの仲間です。
オスは鮮やかな赤色の体に黒い縁取りの白斑が散らばります。
ヒオドシジュケイ02 わんぱーくこうちアニマルランド
メスは地味な茶色です。


アカショウビン  鳥綱ブッポウソウ目カワセミ科
Halcyon coromanda
アカショウビン01 わんぱーくこうちアニマルランド
燃えるような赤いくちばしと体全体が赤色の「火の鳥」の異名を持つカワセミの仲間です。


カラスバト  鳥綱ハト目ハト科
Columba janthina
カラスバト01 わんぱーくこうちアニマルランド
国の天然記念物で、高知県では離島に生息しノネコや台風の被害で生息数が減少しているようです。
カラスバト02 わんぱーくこうちアニマルランド
カラスのような全身黒色の日本国内のハト科最大種です。


アオバト  鳥綱ハト目ハト科
Treron sieboldii
アオバト01 わんぱーくこうちアニマルランド
海水を飲む行動が有名です。肩から羽が赤紫のオス個体です。
アオバト02 わんぱーくこうちアニマルランド
こちらは、羽もオリーブ色のメス個体です。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ
にほんブログ村

動物園・水族館・植物園ランキング

美ら海水族館 19 ウチワフグ キビレカワハギ キンメダマシ 深場の個性派たち

美ら海水族館 19

照明の関係で本来の色合いが分からない画像が多くて残念ですが、個性的な魚たちを紹介します。

ウチワフグ  条鰭綱フグ目ウチワフグ科
Triodon macropterus
ウチワフグ01 美ら海水族館
腹部の膜状部が扇子のように下に大きく広がるのが特徴です。
白く縁取られた黒色斑が腹下に確認できます。
ウチワフグ02 美ら海水族館
美ら海水族館でどうしても出会いたかった魚です。


キビレカワハギ  条鰭綱フグ目カワハギ科
Thamnaconus modestoides
キビレカワハギ01 美ら海水族館
背びれ第1棘は、似ているウマヅラハギでは眼の後半部上にあるのに対し、キビレカワハギでは眼の真上にあるのが特徴です。
キビレカワハギ02 美ら海水族館
ウマヅラハギと区別されずに食用になっています。


キンメダマシ  条鰭綱キンメダイ目キンメダイ科
Centroberyx druzhinini
キンメダマシ01 美ら海水族館
名護湾の水深200m付近より採集された個体が展示されています。
キンメダマシ02 美ら海水族館
詳しい生態も分かっていないようです。
キンメダイよりは味は劣ると言われています。


タカサゴヒメジ  条鰭綱スズキ目ヒメジ科
Parupeneus heptacanthus
タカサゴヒメジ01 美ら海水族館
体側の第1背びれ下に見られる小さな斑紋が入るのが特徴です。


アカタマガシラ  条鰭綱スズキ目イトヨリダイ科
Parascolopsis eriomma
アカタマガシラ01 美ら海水族館
タマガシラと異なり体側に縦帯が走るのが特徴です。


ヒトスジタマガシラ  条鰭綱スズキ目イトヨリダイ科
Scolopsis monogramma
ヒトスジタマガシラ01 美ら海水族館
両目をつなぐ黄色と青色のラインが格好いい魚です。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ
にほんブログ村

動物園・水族館・植物園ランキング

わんぱーくこうちアニマルランド 01 スマトラトラとライオン夫婦

わんぱーくこうちアニマルランド 01

コンパクトな動物園ですが、大型ネコの飼育が充実していました。
トラとライオンを紹介します。

スマトラトラ  哺乳綱ネコ目(食肉目)ネコ科
Panthera tigris sumatrae
スマトラトラ01 わんぱーくこうちアニマルランド
2013年5月21日に仙台市八木山動物公園で生まれたオス「アカラ」さんです。
長い舌と牙を見せてくれています。
スマトラトラ02 わんぱーくこうちアニマルランド
目力の強さを感じます。
スマトラトラということで、色が濃い感じがします。
スマトラトラ03 わんぱーくこうちアニマルランド
オス個体ですが、アムールトラよりもかなり小型で華奢な感じがします。
スマトラトラ04 わんぱーくこうちアニマルランド
トラの行動範囲を広げるため設置された台に軽快に飛び乗ります。
残念ながら最近来園したメス「カリ」さんには出会えませんでした。


ライオン  哺乳綱ネコ目(食肉目)ネコ科
Panthera leo
ライオン01 わんぱーくこうちアニマルランド
2011年7月15日秋吉台自然動物公園生まれのオス「キズナ」さんです。
ライオン02 わんぱーくこうちアニマルランド
2005年8月11日アドベンチャーワールド生まれのメス「サン」さんです。
ライオン03 わんぱーくこうちアニマルランド
フカフカのたてがみを持つ「キズナ」さんです。
ライオン04 わんぱーくこうちアニマルランド
「サン」が寝ている台に飛び乗る「キズナ」さんです。
理由は分かりませんが、尾が切れて短くなっています。
ライオン05 わんぱーくこうちアニマルランド
「サン」さんの猫パンチを上手にかわす「キズナ」さんです。
ライオン06 わんぱーくこうちアニマルランド
その後、交尾行動が観察されました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ
にほんブログ村

動物園・水族館・植物園ランキング

いおワールドかごしま水族館 03 ソメワケベラ ミツバモチノウオ 鹿児島のベラ・ブダイたち

いおワールドかごしま水族館 03

独特の存在感を示していたベラやブダイの仲間を紹介します。

ソメワケベラ  条鰭綱スズキ目ベラ科
Labroides bicolor
ソメワケベラ01 いおワールドかごしま水族館
小型ですが頭部のブルーが美しく、大水槽で圧倒的に目立っていました。
ソメワケベラ02 いおワールドかごしま水族館
前半と後半が青と黄で染め分けられています。


ミツバモチノウオ  条鰭綱スズキ目ベラ科
Cheilinus trilobatus
ミツバモチノウオ01 いおワールドかごしま水族館
頭部の赤い虫喰い模様が妖しいモチノウオです。
ミツバモチノウオ02 いおワールドかごしま水族館
体側には短い横線が並びます。


シチセンベラ  条鰭綱スズキ目ベラ科
Choerodon fasciatus
シチセンベラ01 いおワールドかごしま水族館
青く縁取られたオレンジラインが美しいシチセンベラです。
シチセンベラ02 いおワールドかごしま水族館
イラ属に含まれ顔つきはひょうきんな感じです。


キュウセン  条鰭綱スズキ目ベラ科
Parajulis poecilopterus
キュウセン01 いおワールドかごしま水族館
雄型の「アオベラ」です。日本のベラの代表と言えばこのキュウセンです。


ヒブダイ  条鰭綱スズキ目ブダイ科
Scarus ghobban
ヒブダイ01 いおワールドかごしま水族館
幼魚時代は地味な縦縞模様のヒブダイです。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ
にほんブログ村

動物園・水族館・植物園ランキング
プロフィール

Black Rhino

Author:Black Rhino
中学生の頃から、動物園・水族館に通い続ける動物好きのおっさんです。中途半端なホエールウォッチャーでもあり、バードウォッチャーでもあり、一応獣医師でもあり、日本さかな検定1級合格者でもあったりします。20年以上リクガメも飼い続けています。仕事と家庭を顧みながら、細々と趣味の「動物」に時間とお金を注ぎ込んでいます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR