fc2ブログ

千葉市動物公園 03 エジプトハゲワシ ヘビクイワシ オジロワシ 千葉の猛禽軍団

千葉市動物公園 03

特徴的な猛禽類を飼育していて楽しみがつきない千葉市動物公園です。

エジプトハゲワシ  鳥綱タカ目タカ科
Neophron percnopterus
エジプトハゲワシ01 千葉市動物公園
ダチョウの卵に石をぶつけて割る知恵者です。
エジプトハゲワシ02 千葉市動物公園
黄色い顔と白黒ツートンカラーの羽毛がハゲワシらしくなくオシャレです。
エジプトハゲワシ03 千葉市動物公園
もう1羽は、羽毛が縮れてあまり調子が上がっていない感じでした。
動物園でなかなか出会えないハゲワシなので、ぜひ健康に長生きしていただきたいと思います。


ヘビクイワシ  鳥綱タカ目ヘビクイワシ科
Sagittarius serpentarius
ヘビクイワシ01 千葉市動物公園
長い脚で立ち姿がとても美しいヘビクイワシです。
ヘビクイワシ02 千葉市動物公園
立ち上がるとツルのように目立ちますが、座り込むと意外に目立ちません。
ヘビクイワシ03 千葉市動物公園
オレンジの目元と跳ね上がった後頭部の飾り羽が、実に印象的で格好良さを感じます。


イヌワシ  鳥綱タカ目タカ科
Aquila chrysaetos
イヌワシ01 千葉市動物公園
空の王者の風格が漂うイヌワシです。顔が怖いです。


オジロワシ  鳥綱タカ目タカ科
Haliaeetus albicilla
オジロワシ01 千葉市動物公園
体格ではイヌワシよりも勝るのですが、主食が魚でどこか愛嬌のある顔立ちのオジロワシです。
オジロワシ02 千葉市動物公園
午前中は、瞬膜を閉じてウトウトしている感じでした。
オジロワシ03 千葉市動物公園
羽繕いしていたオジロワシと眼が合いました。
両眼視で獲物との距離を性格に把握して襲います。


カラフトフクロウ  鳥綱フクロウ目フクロウ科
Strix nebulosa
カラフトフクロウ01 千葉市動物公園
聴覚が優れ、雪の下にいて見えていないネズミも捕食してしまう名ハンターです。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ
にほんブログ村

動物園・水族館・植物園ランキング
スポンサーサイト



さいたま水族館 03 ニッコウイワナ カジカ大卵型 アカザ 荒川上流部の魚たち

さいたま水族館 03

埼玉県を流れる荒川上流部に生息する魚を中心に紹介します。

ニッコウイワナ  条鰭綱サケ目サケ科
Salvelinus leucomaenis pluvius
ニッコウイワナ01 さいたま水族館
埼玉県では、荒川水系の最上流域に生息しています。美人のメスと思われる個体です。
側線より下の腹側には、燈色、朱色、黄色の斑点が、背側には白色の小斑点が散在します。
ニッコウイワナ02 さいたま水族館
顎が厳ついオスと思われる個体です。


ニジマス  条鰭綱サケ目サケ科
Oncorhynchus mykiss
ニジマス01 さいたま水族館
北米原産で1877年に日本に導入されたと解説されていました。
荒川水系の上流域に生息しています。
ニジマス02 さいたま水族館
尾で水槽の底を叩いて産卵場所を整える行動をしているメス個体がいました。
ニジマス03 さいたま水族館
オス個体が近寄って体を震わせ、メス個体は産卵姿勢をとっていました。
ただ、実際に産み落とされた卵は確認できませんでした。


カジカ大卵型  条鰭綱スズキ目カジカ科
Cottus pollux
カジカ大卵型01 さいたま水族館
荒川水系の上流域の石の多いきれいな川底に生息しています。
カジカ大卵型02 さいたま水族館
体の色を変化させ、背景に溶け込みます。
石の裏側に産卵し、ふ化までオスが守ります。


アブラハヤ  条鰭綱コイ目コイ科
Phoxinus lagowskii steindachneri
アブラハヤ01 さいたま水族館
埼玉県では、河川の上流域から中流域にかけて生息しています。
うろこが小さく、触ると油のようにぬるぬるしているのが特徴です。
立派な大型個体です。
アブラハヤ02 さいたま水族館
流れの少ない場所を好みます。
こちらは、カワムツに似ている小型個体です。


ホトケドジョウ  条鰭綱コイ目ドジョウ科
Lefua echigonia
ホトケドジョウ01 さいたま水族館
埼玉県では、丘陵地帯の小川や池に生息しています。
ホトケドジョウ02 さいたま水族館
円筒形でずんぐりした体で、体表に細かい斑点があります。
8本のヒゲが特徴です。


アカザ  条鰭綱ナマズ目アカザ科
Liobagrus reini
アカザ01 さいたま水族館
埼玉県では、利根川の本流で確認されています。
水のきれいな川の上流部から中流部にかけて生息しています。
アカザ02 さいたま水族館
夜行性で、背びれと胸びれに棘に毒があります。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ
にほんブログ村

動物園・水族館・植物園ランキング

富山市ファミリーパーク 10 ハクビシン ホンドタヌキ ニホンカモシカ 芸達者な国産動物たち

富山市ファミリーパーク 10

他園ではほぼ遭遇できないハクビシンの給餌解説が富山市ファミリーパークでは実施されていました。
いろんな表情を見せてくれた国産動物たちを紹介します。

ハクビシン  哺乳綱ネコ目(食肉目)ジャコウネコ科
Paguma larvata
ハクビシン01 富山市ファミリーパーク
給餌解説では、飼育員さんが、吊り下げた紐の先に薄切りリンゴなどを設置し、ハクビシンが様々な姿勢で食べていきます。
ハクビシン02 富山市ファミリーパーク
ピンク色の肉球のある四肢で、樹上を上手に移動します。
ハクビシン03 富山市ファミリーパーク
台湾?から日本に入ってきた外来種です。
ハクビシン04 富山市ファミリーパーク
さすがの身体能力です。
ロープ上で尾を使ってバランスを取りながら、紐をたぐり寄せて器用にリンゴを食べていました。
ハクビシン05 富山市ファミリーパーク
果物が主食ではありますが、やはり食肉目の動物で犬歯は鋭いです。
ハクビシン06 富山市ファミリーパーク
立ち上がって見上げ、頭上に食べ残したリンゴやブドウがないかチェックしています。
昼間時間帯は、ほぼ寝ている姿しか観察出来ないハクビシンの貴重な姿が給餌解説では見られました。


ホンドタヌキ  哺乳綱ネコ目(食肉目)イヌ科
Nyctereutes procyonoides viverrinus
ホンドタヌキ01 富山市ファミリーパーク
置物?のようになっていたタヌキです。


ニホンカモシカ  哺乳綱ウシ目(偶蹄目)ウシ科
Capricornis crispus
ニホンカモシカ01 富山市ファミリーパーク
2011年5月20日生まれのメス「マツコ」さんです。
美しい顔立ちの個体です。
ニホンカモシカ02 富山市ファミリーパーク
2001年9月6日生まれのオス「リク」さんです。
20歳を越えたお爺ちゃんカモシカで、両角が摩耗してコブのようになっていました。


オリイオオコウモリ  哺乳綱コウモリ目(翼手目)オオコウモリ科
Pteropus dasymallus inopinatus
オリイオオコウモリ01 富山市ファミリーパーク
沖縄本島に生息している国産コウモリです。
オリイオオコウモリ02 富山市ファミリーパーク
餌の果物を食べて実に満足そうな表情をしています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ
にほんブログ村

動物園・水族館・植物園ランキング

上越市水族博物館うみがたり 11 ホテイウオ コンペイトウ クロムツ 深場の愛嬌ある魚たち

上越市水族博物館うみがたり 11

泳ぎが苦手で腹びれで貼り付いて生活するダンゴウオの仲間3種を中心に紹介します。

ホテイウオ  条鰭綱スズキ目ダンゴウオ科
Aptocyclus ventricosus
ホテイウオ01 上越市水族博物館うみがたり
ブヨブヨ感がいい味を出していた成魚個体です。
ホテイウオ02 上越市水族博物館うみがたり
幽霊のような白い不思議な個体もいました。色彩変異?の個体でしょうか?
ホテイウオ03 上越市水族博物館うみがたり
腹びれ吸盤で貼り付いて体を固定させます。


コンペイトウ  条鰭綱スズキ目ダンゴウオ科
Eumicrotremus asperrimus
コンペイトウ01 上越市水族博物館うみがたり
本来のイボイボしている体表が、ブヨブヨになっている老成魚と思われる個体です。
コンペイトウ02 上越市水族博物館うみがたり
腹びれ吸盤でくっつきます。
コンペイトウ03 上越市水族博物館うみがたり
給餌が始まり、餌を求めて必死に泳ぎだした個体です。
コンペイトウ04 上越市水族博物館うみがたり
うみがたりで誕生した可愛らしい幼魚個体です。


ダンゴウオ  条鰭綱スズキ目ダンゴウオ科
Eumicrotremus awae
ダンゴウオ01 上越市水族博物館うみがたり
こちらは浅場で確認される小型魚のダンゴウオです。
ドラクエのスライムみたいです。


クロムツ  条鰭綱スズキ目ムツ科
Scombrops gilberti
クロムツ01 上越市水族博物館うみがたり
ギョロッとした大きな眼が印象的なクロムツです。
クロムツ02 上越市水族博物館うみがたり
食用魚として重要です。


アカムツ  条鰭綱スズキ目ホタルジャコ科
Doederleinia berycoides
アカムツ01 上越市水族博物館うみがたり
ノドグロの名で有名なアカムツです。
陰気な性格でアクリルガラス面に近寄ってこなくて鮮明な写真が撮れませんでした。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ
にほんブログ村

動物園・水族館・植物園ランキング

千葉市動物公園 02 ニシローランドゴリラのローラとモンタ

千葉市動物公園 02

日本国内の飼育頭数が少なくなってきたゴリラです。久し振りに千葉で2頭のゴリラに会ってきました。

ニシローランドゴリラ ローラ  哺乳綱サル目(霊長目)ヒト科
Gorilla gorilla gorilla
ニシローランドゴリラ ローラ01 千葉市動物公園
1977年9月21日に別府ケーブルラクテンチで生まれたメス「ローラ」さんです。
別府で人工哺育となり、東武動物公園、上野動物園と経由して、現在は千葉で生活しています。
午後、室内でサツマイモ?を囓っていました。
ニシローランドゴリラ ローラ02 千葉市動物公園
朝一番には、外の放飼場でザクロ?をチビチビとゆっくり食べていました。
25年以上前に上野動物園で実習したときに世話をしたゴリラの中で、現在、生き残っている2頭の内の1頭です。
久し振りに会うことが出来ました。
ニシローランドゴリラ ローラ03 千葉市動物公園
青草はムシャムシャとそれなりのペースで食べていました。
若い頃は痩せている印象が強かった個体ですが、亡き母「リラコ」に体型が似てきて、お腹周りも立派になっていました。
ニシローランドゴリラ ローラ04 千葉市動物公園
エンリッチメント効果を狙って地面に撒かれたムギ?を、時間をかけて一粒ずつ指でつまんで口に運んでいました。
千葉の地で、ゆっくりまったり生活していってほしいと思います。


ニシローランドゴリラ モンタ  哺乳綱サル目(霊長目)ヒト科
Gorilla gorilla gorilla
ニシローランドゴリラ モンタ01 千葉市動物公園
1984年9月25日にスペインで生まれ、千葉市動物公園にやって来たオス「モンタ」さんです。
約30年前、最初に出会ったとき、まだ子どもだったことが思い出されます。
ニシローランドゴリラ モンタ02 千葉市動物公園
厚い胸板が印象的でしたが、歳を取りすこし筋肉の張りが落ちてきた気がします。
ニシローランドゴリラ モンタ03 千葉市動物公園
青草を咀嚼しているときに厳つい犬歯が見えました。
オスゴリラの迫力を感じます。
ニシローランドゴリラ モンタ04 千葉市動物公園
午後は室内で麻袋を背中に乗せながら、敷き藁の中に撒かれた餌を丹念に探索していました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ
にほんブログ村

動物園・水族館・植物園ランキング
プロフィール

Black Rhino

Author:Black Rhino
中学生の頃から、動物園・水族館に通い続ける動物好きのおっさんです。中途半端なホエールウォッチャーでもあり、バードウォッチャーでもあり、一応獣医師でもあり、日本さかな検定1級合格者でもあったりします。20年以上リクガメも飼い続けています。仕事と家庭を顧みながら、細々と趣味の「動物」に時間とお金を注ぎ込んでいます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR